【感想・ネタバレ】地球の歴史 上 水惑星の誕生のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年12月22日

[評価]
★★★★★ 星5つ

[感想]
上巻は宇宙・地球の誕生や地球の構造についてが書かれている。生命の誕生は中巻以降。
様々な分野に横断する知識が地球の歴史という軸でまとめられているため、各分野を広く浅く知るためには大変に良い本だったと思う。
特に地震と関連が大きいプレートテクトニクスに関する解...続きを読む説は身近な現象が地球全体の大きな活動の一部であるということはとても壮大に感じ楽しめた。まあ、地震による災害は勘弁してほしいのでエネルギーを溜め込まずに少しずつ解放してくれるといいんだけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月28日

地球の歴史46億年を3冊の新書で概観しようという大胆な試み。上巻は地球の誕生から海に覆われるまでを描くが、どうしてそんな昔のことが分かるの、と不思議になる。しかも地球内部のことまで手に取るように説明されて驚いた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月30日

地球の歴史三部作の「我々はどこから来たのか」編。
筆者がゲスト出演していたあるラジオ番組が非常に面白かったため、理系は大の苦手だが読みたくなった。
化学と物理それぞれの違いから丁寧に解説されていて読みやすく、宇宙誕生から始まる壮大なストーリーに一気に引き込まれた。
地球のような環境の星が生まれたこと...続きを読む、そこに生命が誕生したこと、知れば知るほど奇跡としか思えない。
理解しきれない内容も多いが、文中で紹介されていた学習法「わからない内容が出てきてもそのまま進める」を実践し、楽しく読み終えた。中・下巻も読もう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月29日

著者の鎌田さんは、火山学者にして、勉強法の本なども書いている変わり種だが、地球の歴史という地球物理学や古生物学を含む壮大なテーマを新書三巻という形で書き上げたらしい。
その第一巻である本書は、ビッグバンから説き起こしていて、宇宙論や素粒子物理や太陽系惑星論にも話が及んでいて面白い。しかし、本書の中心...続きを読むは、やはりプレートテクトニクスを含む地球物理の世界で、地球の誕生直後のマグマオーシャンの状況から、地殻・マントル・コアへの文化と、その後のマントル対流による地球規模の熱と物質の大循環だろう。先行する地球物理に関する一般書を更に統合して、そこに地球規模の時間経過という不可逆的な「進化」の視点が盛り込まれていて、これ一冊で何でも分かるような気がする。
中巻以降は、生物に焦点が当たっていくようで、上巻とは毛色が異なるようだが、それでも読んでみたいという気にさせられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月30日

ビッグバンから始まって、物質、エネルギーの動向を、物理学と化学の視点を使い分けながら語っていく。宇宙規模のマクロの文脈において地球の誕生、変遷が無理なく位置づけられる。だから話の通りがスムーズ。
上巻は先カンブリア期までで生物誕生の話はほぼないが、もう満腹感がある。
中巻以降ではダイナミックな変動が...続きを読む減っていくことは明らかなんだし、上巻ほどの爽快感は望み薄だと思う。
まあ、続きも読むけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月13日

サイエンスの本で途中で挫折せず、これほど夢中になって読むことができたのは生まれて初めてではないだろうか。アウトリーチ活動の第一人者でもあるブリッジマン鎌田さんの力作です。

このレビューは参考になりましたか?