【感想・ネタバレ】黄金峡 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年06月23日

ダム建設をめぐる問題を描いた小説です。
ダム建設の裏側や人間性がリアルに書かれています。
重たい話題ですが小説なので読みやすい。
かなり考えさせられてお腹いたくなりました。
(芳崎)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月30日

田子倉ダム補償事件が元ネタの小説。人物像が色濃く描かれており、非常に味わいのある内容。ダム建設が地元にどのような影響を与えるのかがよく分かる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月05日

ダム事業にあたっての用地買収の様子、賛否や補償をめぐる住民とのやり取り等、それがもたらす地域へのインパクトが。生々しく描かれている。その姿は、ひとつのモノサシとして参考になるし勉強にもなる。とくに、現場所長の言動には、住民を軟化させる手法・語り口として上手い(手慣れた)ところが大いに感じられる。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月21日

【本の内容】
東北の静かな山村に、日本最大のダム建設計画が持ち上がった。

交渉のため村に乗り込む開発側と、先祖伝来の土地に愛着を抱く住人たち。

多額の立ち退き補償を巡り、村は賛成派・反対派に分かれ騒然となる。

ダム建設は、人々に何をもたらすのか。

高度経済成長黎明期の1959年に執筆された傑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月28日

ダム建設をめぐる開発側と住民側の対立のお話。
ただ、住民側にも反対派と賛成派に分かれ一枚岩になれないのがリアル。

このレビューは参考になりましたか?