【感想・ネタバレ】正座と日本人 のレビュー

値引き価格 1,144円 (税込) 2月27日まで
通常価格 1,430円 (税込)
3.5
2件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年05月27日

なかなか興味深い本。惜しむらくは完成度がいまいちな点。考察もあともう一歩という感じだし、図版が少なくわかりづらい。
著者には是非同じテーマでもう一度著述にチャレンジしてもらいたい。期待を込めて、☆-1で4つ星

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月19日

●松岡正剛の「千夜千冊遊蕩編」から興味があり、読書。
●正座は本来、「かしこまる」とか「つくばう」「跪座」「端座」と呼ばれ、おもに神前、仏前での儀礼的な場面で行われ、また主君に対して家臣がかしこまる。
●島木赤彦の『異体抄』に「アグラをかきながら正座(すわ)る」という使用例
●『国民礼法要項』(19...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?