【感想・ネタバレ】身体醜形障害 なぜ美醜にとらわれてしまうのか のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月22日

私自身に身体醜形障害傾向があるので、本書を読みました。

身体醜形障害に関する文献は本当に少なく、
あっても海外の文献の翻訳や古いもので、
現在の日本での実態を知ることができるという点では良書だと思います。

醜形障害という概念を一般化させるためなのか、
医学書にしてはお値段もお安めだし、
大学教授...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?