【感想・ネタバレ】純喫茶「一服堂」の四季 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月13日

推理してみるが
全部 外れました。
以外で 楽しく読めました。
続編は ちょっと 難しいですかね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月10日

【第一話】春の十字架
【第二話】もっとも猟奇的な夏
【第三話】切りとられた死体の秋
【最終話】バラバラ死体と密室の冬

アームチェア・ディテクティブスタイルの短編探偵小説が四編。
と思いきや、まるごと一冊でひとつの仕掛けがあって、思わず前の方のページを振り返っちゃいました。完全に、作者の手のひらを転...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月08日

毎度毎度東川篤哉にはやられてしまいます。どうしてもベタなギャグと軽い文章のため誤解されがちなのですが、東川作品はガチガチの本格ミステリなんですよね。
使い古されたネタをこのように展開させるのか! と驚きと喜びに満ちた読後感なのでした。
鎌倉にひっそりと佇む時間が止まったかのような喫茶店。そこの店主ヨ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月13日

東川さん、やっぱり好きです!四季、ということでそれぞれの季節に起こった事件なんだけど。ユーモアたっぷり、そしてほっこり。ゴリゴリのミステリーを読んで疲れたあとに、東川さんで癒されてます!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月15日

面白いなぁ。相変わらず面白いなぁ。  
ユーモアに磨きがかかっている。   
憎たらしい仕掛けまで用意してあって小憎たらしい。   

すっかり短編専門作家になってしまった著者だが、こんな面白い話を4つで一冊なんてもったいない。まぁこれはそれありきの連作短編集なんだからそれはそれで良いのだけれど。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月28日

東川作品はこれがはじめてなので、他の著作との比較ができないのですが、どちらかといえばライトなものなんですかね。短編同士のつながりはなく(登場人物はつながっていますが)、人間関係やトリック自体も複雑なものではないのであっさりと読むことができました。
ただ、文字通りの安楽椅子探偵であること、また4つの事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月27日

潤喫茶・一服堂のメイド・安楽椅子(アンラク ヨリコ)は極度の人見知りだけど、他人の推理を聞くと一変、批判しまくり、態度も大きくなる。そんなヨリコの元に謎を持ち込む4人の客。ユーモアミステリーだけあり、殺人とはいえどこかノリは軽く、サラッと読めます。
それにしても、最後の事件は推理できないでしょう。。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月13日

しまった!
なんだかシリーズ物にしては気になる書き方をしていると思ったら、一発ギャグ(トリック)だったのか
本筋と違うところで非脚気られてくやしいったら!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月13日

人見知りだが専門分野を語るとき、その口調が急に自信に満ちたものになる…ときくと、北鎌倉の駅前にある古書店の女主人の方を思い出してしまうが…
こちらは鎌倉の、観光スポットのにぎわいから外れて奥まった路地にある古民家風喫茶店『一服堂』のお話である。
いつもガラガラで、初対面の客は追い返そうとさえする、店...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月23日

鎌倉にひっそりと佇む喫茶店「一服堂」の美人店主・ヨリ子は極度の人見知り。だが未解決事件の話を聞けば、態度豹変、客へ推理が甘いと毒舌のつるべ打ち。そして並外れた思考力で、密室の「十字架」磔死体など四つの殺人の謎に迫る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月18日

主人公というか名探偵役の性格が極端過ぎたこともあり、4篇目のトリックを思いついた段階で、各篇間の整合性を取るもう一つのトリックを入れなくてはならなくなり、4話完結にしたのだろうと思うのは、邪推だろうか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月02日

春は吊るされた十字架。夏は畑の中の十字架。秋は首のすげ替え。冬は汚い!!
トリックを成立させるために仕方なかったのかもしらんが、いきなり時間が飛んでメイド服の美女が家政婦は見た!みたいになったのは悲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月08日

ミステリーものを初めて読んだ。仕掛けの一つ一つになるほどと感心した。殺された人を中心とした周りの人達の心理描写や関係性が深く掘り下げられている訳ではないため、物語性よりもトリックやコミカルな掛け合いを楽しみたい人向けのものだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月13日

短編一つ一つはミステリとしては易しく、本格が好きな方には微妙だと思う。が個人的には、うんうんそうだよねーと答え合わせをしながらゆるゆる気軽に読めるのも良かったかなと。易しい作品と認識しており、解いてやろうと身構えなかったせいか、作品全体としての仕掛けには気づかず(そこに謎解きが与えられてたわけではな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月06日

純喫茶「一服堂」を舞台にした連作短編集。
純喫茶というと日常の謎かと思いきや、
集まる事件は、猟奇的なものばかりという趣向がなかなか。
連作ならではのお楽しみもあり、サクッと楽しめるのでは。

「春の十字架」★★★
十字架の謎がなるほどと思う反面、ちょっと厳しいトリックに感じる。

「もっとも猟奇的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?