【感想・ネタバレ】脳を知りたい! のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年03月30日

ノンフィクションライターが著わす脳の本です。専門用語を極力廃して、理解しやすくするよう工夫がなされています。初版から年数がたっているのですが、「人間とは何か」という本質を問いかけるものなので色褪せないのでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月17日

かなり前の著作だが、面白さを排除し、専門用語をなるべく使わずに脳科学を分かりやすく解説している。この著作発表以後の学術論文等を確認しないといけないが、この作品が発表された時点での時代性は全くの問題ないレベル。さすがの一言。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月21日

 自己を意識することを科学的に説明するとこうなる。自意識とは脳の高機能な働きなのだとか、自己をモニタリングする機能が脳にはあるらしい。それにより自己意識が芽生えるのだとか、モニタリングしたデーターは思い出として脳にインプットされる。データーが蓄積されることと個人の心の問題とはまた別のことであり、脳科...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月31日

脳の働きについてテーマ別にまとめられたとってもわかりやすい本。
「早期教育」「睡眠」「うつ病」「意識」「言葉」「環境ホルモン」などがテーマ。

「早期教育」については頷ける箇所がとても多かった。
早いうちから漢字が読めて書けて、4歳でトルストイの「戦争と平和」を読破して小学校入学時に共通一次が解けた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月10日

久しぶりのブレーンサイエンスもの。著者は30年ほど前に『フィリピン新人民軍従軍記』で衝撃的デビューを飾った硬派のルポライター。個人的には『コリアン世界の旅』で作者を知り『アジア新しい物語』を続けて読んだ。脳は著者にとって畑違いな分野であるにも関わらず、新聞連載のような平易な筆致で初学者にも非常に分か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?