【感想・ネタバレ】呪いの塔のレビュー

価格 550円 (税込)
3.7
3件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

メイントリックが戦前クォリティ炸裂だったり、微妙にアレな部分も多いですが、横溝作品の中でも特に好きな一作です。
乱歩に対する作者の想いが、文章の端々から感じられるのがたまらない…。
単体でも、後の横溝作品と読み合わせても、正史や乱歩の時代を空想しても楽しい、ほんとに美味しい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

軽井沢の丘に立つバベルの塔なる遊技場。今で言うところの、バブル後のうらさびれたテーマパーク。映画のロケに来ていたメンバーが、ひょんなことから仮想殺人劇を演ずることになったが、本当の殺人事件になってしまった。
第1部では、塔に住む謎の住人が犯人とされて、犯人死亡で一件落着となるが。。。
(本文より引用...続きを読む
しかし読者諸君はよく知っていられるはずだ。
探偵小説の性質として、こんな思いがけない人間が犯人であってはならないということを----(うーーん、ちゃんと読者心理を見抜かれているというか、ここまで書くものなんかなぁ)

昭和7年の作品。容疑者がひとり、ふたりと殺されていって、思わぬ犯人の意外な過去物語。。。というのは、いかにも昔風の、よくお目にかかった本格推理小説という印象でしたが、解説を先に読んでいたら、印象もずいぶん変わっていたでしょう。江戸川乱歩の「陰獣」のリスペクトとありました。当時の探偵小説マニア向けの読者サービス本といったところだったんでしょうか。
2007/3/12

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

金田一耕助モノではない、横溝正史。バベルの塔と呼ばれる建物で仮装殺人劇をするが、本当に起きてしまう殺人事件。更に次々と犠牲者が・・・。/こういうパターンは好きなのに、あまりのめり込めなかった。面白い筈なんだけど・・・。主人公らしい人の性格に馴染めなかったからだけれど、横溝正史本人の投影と後で知って、...続きを読むそしたら少し興味がわいた(笑)

このレビューは参考になりましたか?