【感想・ネタバレ】覇者の戦塵1943 ニューギニア攻防戦 下のレビュー

価格 942円 (税込)
4.0
1件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年12月22日

ニューギニアでの戦いの結末も気になる内容ではあったが、それ以上にワニゲラで海側に向けられた高角砲の存在が大き過ぎた。遂にこいつが出てきたかと言った感じだ。
全体からの分量はほぼ無いに等しいが今後の戦いに大きな影響を与える要素だろう。
[more]
ニューギニアでの戦い自体は重機を用いた設営部隊による...続きを読む道路敷設と海兵隊の戦車隊の導入でほぼ想定通りにココダ飛行場を占領し、連合軍に対してのアドバンテージを得る事ができた。これからはオーエンスタンレー山脈をどのように越え、ポートモレスビーを攻略するかになるだろう。
それにしても運が良かったと言える。たまたま敵基地に潜入していた士官が新型高角砲の存在をつぶさに観測できた事で今後、何かしらの調査、対応が行われる事を望むよ。
そういえば、日本の対戦車対策も充実してきたみたいだ。対戦車ロケット砲に高角砲用の徹甲弾と一方的にやられるような事はなくなるだろう…

このレビューは参考になりましたか?