武内宿禰の霊言 ―日本超古代文明の「神・信仰・国家」とは―

武内宿禰の霊言 ―日本超古代文明の「神・信仰・国家」とは―

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新しい歴史的事実、続々!
日本文明“三万年”説。

『記紀』から消された富士山王朝
日本からインドや中国にも広まった
天御祖神文明の驚くべき真相――
古文書『竹内文書』『ホツマツタヱ』を著した
とされる武内宿禰が、
超古代文明の秘密を解明する。

◆三万年前に富士山を中心とした古代王朝
 ――天御祖神文明が存在していた
◇「空を飛ぶ船」や「海底人」も!?
 当時の日本には空中都市や水中都市があった
◆「秀真文字」は宇宙人から伝わった!?
 漢字文化によって古代文字は歴史から消えた
◇富士山王朝の統治の実態や食料の秘密
 弓や槍、刀の作り方も日本から大陸に伝わった
◆『記紀』に記された天御中主命、国之常立神、
 そして神武天皇は、ほんとうはどんな存在なのか

【うぬぼれの中華思想と
中国の専制政治に終止符を
私たちが想像しているよりも
日本の歴史はずっと古く、
もっと誇り高い。】


■■ 武内宿禰の人物紹介 ■■
大和朝廷初期の大臣。景行、成務、仲哀、応神、仁徳の五朝に仕え、蝦夷の視察や、神功皇后を助けての新羅出兵、また、応神天皇の異母兄である香坂王と忍熊王の反乱を鎮めたとされる。蘇我、葛城、巨勢、平群などの諸氏の祖先とされている。古代文献『ホツマツタヱ』の著者ともいわれている。

目次
まえがき
第1章 武内宿禰の霊言  ─日本文明の真のルーツに迫る─
 1 武内宿禰が明かす「日本の正統な歴史」とは
 2 今、明かされるべきは「天御祖神文明」
 3 日本の立て直しに向けて
第2章 武内宿禰の霊言  ─神・信仰・国家─
 1 古代史上の謎の人物「武内宿禰」
 2 五代の天皇に仕えた武内宿禰の役割とは
 3 武内宿禰が明かす「日本の超古代文明」
 4 伝説化した「水中都市」「空中都市」の真相
 5 日本から世界に伝わった「天御祖神」への信仰
 6 日本の歴史から「根本神」はなぜ消されたのか
 7 三万年前から存在した「武士道」の教え
 8 「食料の起源」と「動物への信仰」の秘密を語る
 9 「日本の国体の正しい理解」を述べる
 10 霊言の収録を終えて―「富士山の古代王朝」存在の真実
あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
幸福の科学出版
電子版発売日
2021年07月15日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
15MB

武内宿禰の霊言 ―日本超古代文明の「神・信仰・国家」とは― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング