福岡市長高島宗一郎の日本を最速で変える方法

福岡市長高島宗一郎の日本を最速で変える方法

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今こそ必要な「日本の変え方」を解き明かす。

「なぜ日本は変わらないのか?」「新型コロナ感染症に対するワクチンや給付金といった対応がなぜ遅いのか?」「超高齢化時代に立ち向かう実用的なDX戦略とは何か?」「ビジネスを社会実装するにはどうすればいいのか?」「データ連携の時代に、日本はどう備えれば良いのか?」。こんな疑問を抱えている人は今すぐこの本を手に取るべきだ。
コロナで浮き上がってきた様々な日本の課題へ立ち向かうため、地方自治体という“現場”で10年に渡って改革の旗を振るってきた筆者が、地方行政の実績をベースに日本を最速で変える方法を解き明かす。
若干36歳で市政へ挑戦し、既得権を打破しながら福岡市で取り組んできた「スタートアップ」「規制緩和」の裏側を紹介するとともに、日本再興のカギを握る「データ連携」「有事対応」を重点的に掘り下げ、新たなる時代を作る実践的な解決法を提示する。デジタル庁、既得権、行政DX、スマートシティ、ワクチン問題など日本の今後を握る課題へ大胆に切り込んだ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
日経BP
ページ数
264ページ
電子版発売日
2021年05月28日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
5MB

福岡市長高島宗一郎の日本を最速で変える方法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月01日

    コロナにより浮き彫りになった今の日本の課題。

    私が感じていた日本の政治に対する思いに見事に応えてくれた本だった。

    日本を最速で変える。そのために何度も何度も読み直したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    コロナ禍で日本政府の対応に疑問が残るものが多かったが、この本を読んだことで国の仕組みが分かり、対応の原因を理解することができ、新しい学びが多くあった。

    また福岡市は日本の政令指定都市において、人口増加数1位になっているが、なぜそこまで急成長を遂げているのかもよく理解出来た。本書から高島市長の話や考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    前作に続いて、とてもいい本
    福岡市で進められている政策だけでなく、
    国が抱える問題点、課題を明確に示し、具体的な提案を説明している。
    高島市長はあらゆるメディアを通じて、スピード感のある発信をずっと続けてきている。他のリーダーに比べて、圧倒的にわかりやすいし、できること、できないことを説明してくれる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月22日

    高島市長の1冊目の著書へ感銘し、本書を購入。
    なかなか主張として書きづらいことも赤裸々に記されていて、今まで理解できていなかった(しようとしていなかった)政治の世界のことがクリアになった。
    また、日本国の未来について希望が持てる…前向きになれる内容で、1冊目の福岡市を経営すると共に永久保存版とする。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月15日

    地方自治体から日本を変える。社会を動かす「支点」「力点」「作用点」を押さえること。
    規制を作るのも行政、規制を緩和できるのも行政。
    申請型からプッシュ型行政へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月07日

    書名ではあまりピンとこなかった、高島市長の最新刊。
    安倍前首相と落合陽一氏という不思議な組み合わせの2人の推薦文が帯にあったことで購入。

    「変わることのできない日本」「有事を想定することを忌避する日本」「平時から有事への切り替えができない日本」という構造的な問題が、日本の多くの場面で見られている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    これからの時代は、「データ」と「感染症」が大きなキーワードとなります。そして残念ながら、この2つは、現在の日本が最も苦手とする分野であるといえます。
    (引用)福岡市長高島宗一郎の日本を最速で変える方法、著者:高島宗一郎、発行:日経BP、発売:日経BPマーケティング、2021年、15

    現在、地方公共...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月06日

    福岡市市長という立場から、直近の日本の現状課題とそれを引き起こす背景、そこから解決に向けた提案を行政の立場から冷静に延べられている。
    難しい言葉や横文字をなるべく使わず、わかりやすい文章なので、人への伝え方という意味でも勉強になる。

    表題の主張が強すぎて、電車の中で読むにはカバーが欲しいのが難点。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月03日

    非常にスピーディーな改革を進める福岡市の首長の高島さんの著書。元アナウンサーということで内容は政治や行政にかかわるものであるにもかかわらずサクサク読み進めることができた。

    特に、
    ・首長と議員は求められることが違うということ
    ・日本がなぜ改革や新しい技術の導入などが進まないのか
    といったことがわか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月29日


    日本で1番元気な街として認知されつつある福岡市
    の首長として、約10年間福岡の行政や街づくり
    を引っ張ってきた高島市長の思いが綴られた本。

    文章は読みやすく、高島市長の主張もシンプルで、
    「データ」と「感染症」の切り口から福岡式の
    まちづくりに取り組んでいきたい高嶋市長の考えも
    垣間見えるととも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング