偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第10話】
  • 完結
  • 最新刊

偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第10話】

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」
幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。
「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。
あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。
地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。
その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
ストーリーな女たち
電子版発売日
2021年09月16日
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第10話】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第1話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第2話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第3話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第4話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第5話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第6話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第7話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第8話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第9話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?
  • 偽りのKAREN ~奪われたアカウント~(分冊版) 【第10話】
    完結
    「だってブスのあんたより美人の私が【KAREN】のほうが彼もよろこぶでしょ?」 幼い頃から環かれんは、同じ名前の幼なじみ・吉崎花蓮に《奪われる》人生だった。 「かれんちゃん」のあだ名すら、美少女の花蓮にこそふさわしいとの理由で「たまきちゃん」と呼ばれつづけることに。 あだ名も、片思いの相手も無意識を装いながらすべてを強奪しコンプレックスを抉ってくる…宿敵。 地味女に徹する環かれんが唯一、自由に個性を発揮できるのが人気のSNSアカウント【KAREN】。 その唯一の居場所すら吉崎花蓮に標的とされ…!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています