わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― 2巻
  • 最新刊

わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― 2巻

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

友人に見栄を張るため、万引きする少女。学校で人種差別を受ける黒い肌の小学生。非行集団に加わり、施設を脱走する少年。退所後も貧困から逃げ出せず、飢えてゆく者も。それぞれの重さを抱えて生きる子供たちと、職員は「家族」になれるのか。清濁併呑、人間の物語。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
ututu
電子版発売日
2021年08月06日
サイズ(目安)
81MB

新刊オート購入

わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― 2巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― 1巻
    貧困、発達障害、虐待、ネグレクト……それぞれに事情を抱えて、親と暮らせなくなった子供たち。障害を抱えた子供の育児に疲れ果て、虐待をしてしまったシングルマザー。施設で暮らす子供はそれでも母を求める――。ここで働く職員は、親ではない。しかし、ある時は、学校でいじめを受ける子供を守り、またある時は、実の親と問題解決を話し合う。綺麗事では済まされない施設の「ふつう」とは?
  • わたしのカッコウたち―児童養護施設のふつう― 2巻
    友人に見栄を張るため、万引きする少女。学校で人種差別を受ける黒い肌の小学生。非行集団に加わり、施設を脱走する少年。退所後も貧困から逃げ出せず、飢えてゆく者も。それぞれの重さを抱えて生きる子供たちと、職員は「家族」になれるのか。清濁併呑、人間の物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ututu の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング