天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮)01

天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮)01

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で1人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
OrangeVox
掲載誌・レーベル
恋愛×本能
ページ数
35ページ
電子版発売日
2021年02月10日
サイズ(目安)
19MB

新刊オート購入

天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮)01 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    ワイルドでエロい!

    こわこわ 2021年09月22日

    本当は殺される予定だったのに、なぜかエロ展開になるとは!若干、意味不明ですが、ヒーローがワイルドでエロかったから許す!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    かわいそう

    もも 2021年06月02日

    不運体質と言うだけあって、なかなかな不運展開ですね〜しかも巻き添えで殺されるのは本当に勘弁!ヒロインの気持ちはわかります。が、ヒーローがよくわかりません。やさしい…のかな?

    このレビューは参考になりましたか?

天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮) のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮)01
    「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で1人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」
  • 天然な殺し屋さんと不運なお嫁さん(仮)02
    「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で2人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」
  • 天然な殺し屋さんと不運のお嫁さん(仮)03
    「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で2人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」
  • 天然な殺し屋さんと不運のお嫁さん(仮)04
    「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で2人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」
  • 天然な殺し屋さんと不運のお嫁さん(仮)05
    続巻入荷
    「どうせ殺すなら希望くらい叶えてよ!」「…わかった」不幸体質の「さとり」は常に生きていくのがやっとで彼氏はもちろん恋愛すらしたことがなかった。そんなある夜、運悪く柄の悪い男に絡まれあわや、と言う所で2人の男性に遭遇する。とても綺麗だけど冷たい瞳を持つ彼がさとりに向けた言葉は「悪いが死んでもらう」だった…。だけど何故かその男性と恋人関係に!?「…処女か?」「処女です…」「まぁいつかは捨てるもんだ」「そんなっ」

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています