PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

作者名 :
通常価格 1,287円 (1,170円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

こだわらない 逆らわない 競わない 諦めない。なぜ藤森はみんなに愛されるのか? 成功を呼ぶ「気くばり思考」のすすめ!
大ブレイク後に訪れた悪夢。そこからの再起。「チャラ男」がたどり着いた現在地とは?
●努力だけじゃだめ。ちゃんとひとに頼る
●「褒め言葉」で自分を満たす
●悪口という「負のスパイラル」に陥らない
●大いにひとの顔色を窺おう
●「チャラ男」で気づいた、自分らしさ
●世界を肯定するお笑い
●いやでも自分色に染まる
●わくわくする場所はいくらでもある
●「褒め言葉」こそ原動力
●学ぶ姿勢を忘れない
●ひとりでできることなんてない
●悩みはすべて「人間関係」
●相手の発言にはまず笑顔でリアクション
●「プライドがない」のが武器になる
●与えると、巡り巡って返ってくる
●とにかく褒める。傷つけない
●「自分」をつくるのは自分じゃない。周りだ
【目次】
第1章 過剰なあっちゃん
――ダメ出しを受け入れる
第2章 ペラッペラの「チャラ男」
――世界をありのままに受け入れる
第3章 超プラス思考のすすめ
――自分のショボさを受け入れる
第4章 人間関係の攻略法
――無力な自分を受け入れる
第5章 まあ、なんとかなるさ
――プライドレスを受け入れる

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
徳間書店
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年01月27日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
3MB

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    想像していた内容とは少し違ったけれど、予想以上に学びの多い本だった。自分のことを客観的に見て、振り返った内容を本にしている感じ。若手時代、疑心暗鬼になっていたため居場所が作れなかったというところに自分との共通点を感じた。人間、暗い時代やつらい経験を通して学び、深みが出ていくのだなあと。若い時こそ自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    とっても良かったです!
    YouTubeを見てて、少しだけ自分に似たところがあるなぁと感じていたので、共感しながらさらに発見や学びがある、心に響く本でした。

    何事も受け止めてくれそうな雰囲気や、人を惹きつける人柄はこういう考えや経験から出ていたんだな、という確信を得られる本でし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ましゅ 2021年02月08日

    ますます藤森慎吾が好きになりました。成功法は本当に人それぞれで、あっちゃんのようにどんなに批判されても突き進んで新境地を見出す人と周りの人に助けられながら成功する人どちらも才能だと思います。慎吾さんの凄いところは、流されているだけのように見えて、きっちりと自分を持っていることだと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    プライドレス、って良い言葉だ。相方のあっちゃんが書いた本より優しくて穏やかで、でもヒントをたくさんもらえる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

    公(YouTube)で話していることと内容が合致している。飾っていところがなく好感。
    「芯がない自分に悩む人に大丈夫だよ、と伝える」という文言は心に残る。
    YouTubeを見て関心を持って読んだ口。
    「あっちゃんかっこいい」の言葉ににっこりするようになる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月07日

    想像よりずっと面白くて、普通の人にとっては共感しやすいと思った。ただ、藤森さんは普通の人を極めたというか、プロになっていってる感じがする。ミーハーさ、協調性を磨きに磨いて向上して行っている感じ。
    自分の良さを磨いて、ストレスを避ける。とにかく正直に生きることが大事だと改めて感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    プライドレスな生き方でも良いんだって思わせてくれる一冊。

    考え方の共通点や、様々な共感できる部分があり、
    心が軽くなった感覚。
    藤森さんを好きになりました

    ・世界を肯定するお笑い
    ・自分の中にはなにもない。空っぽだ。まずはそれを認める。
    ・自分の気持ちを前向きに保つには、周りを肯定的なもので固め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月01日

    相手に合わせる事が得意ですって言って良いんだと思えました。
    私と根本の考え方が似ていたんだと思います。スっと読めました。分かる、分かると(笑)だけど、それを自信もって得意です!これが私です!とは言えないなって考えの方が強かったので、PRIDELESSな考え方も持ってみようかなと思いました。
    前半の内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    誰と一緒にいると楽しい時間を過ごせそうか見る目を持つこと。


    危なそうと思ったら近づかない事。

    チャラ男として使えそうなセリフはネタ帳にメモっておいて、何度も見返したこと。

    後輩の感性からも学ぶ。

    相手の何かがすごい!と思うなら本気で褒める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月14日

    エッセイな感じで読みやすい。
    華やかに見えてたオリラジの挫折や苦労、葛藤。
    がむしゃらさを認めてくれる人はいる。
    世界を肯定する笑いって大事。
    柔軟に受け入れる、それでいいと共感できた。
    読んだ後、オリラジのYouTubeを観ると、2人の関係性や考え方がいいなと思えた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています