そのとき、「お金」で歴史が動いた

そのとき、「お金」で歴史が動いた

作者名 :
通常価格 2,585円 (2,350円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「お金の流れ」がわかれば「世界の流れ」が見えてくる!

銀行が発行する貨幣がどのようにして「価値」を持つようになったか?
「世界初の株式会社」がオランダで生まれたのはどうして?
1980年代に日本でバブルが起こった背景とは?
19世紀初め、なぜ、軍事力で劣るイギリスが戦争に勝つことができたのか?
アフターコロナの世界経済はどのようになっていくか?

……「最も信頼されるアナリスト」にも選ばれた韓国最高峰の経済学者が、古今東西を縦横無尽に行き交いながらひもとく「お金の歴史」。

過去実際に起こった55の出来事と、それがもたらした歴史的変化を手がかりに、豊富な参考資料と図表を交えて「時代の大きな流れ」を立体的かつ具体的に説く。
「お金」と「歴史」の教養がいっぺんに身につく画期的な1冊!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文響社
ページ数
884ページ
電子版発売日
2021年01月14日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
40MB

そのとき、「お金」で歴史が動いた のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    現在の覇権国はどこかと言われれば、米国だという答えが一般的だと思いますが、あと20年もすれば中国になるかもしれませんね。

    歴史を振り返ってみると、私が学校で習った歴史は西洋史に偏っていた(若しくは私の興味がそちらにあったのかも)せいか、スペイン・ポルトガルが覇権をとってから現在に続いているように思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています