集合と位相(増補新装版)

集合と位相(増補新装版)

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1986年の初版刊行以来、多くの読者から高い評価を得てきた『数学シリーズ 集合と位相』が、信頼の内容はそのままに、装いを新たに登場。
集合と位相は、概念そのものが現代数学のあらゆる分野に深く浸透し活用されている。本書は、数理系の学生を対象に、集合と位相の基礎的な内容をまとめた入門書である。はじめの3章で集合を、残りの6章で位相を扱う。
「集合」では、最初に集合と写像の概念およびその演算について述べ、続いてカントールの対角線論法やベルンシュタインの定理などを考察し、また選択公理と整列可能定理が互いに同等であることを証明する。「位相」では、ユークリッド空間への位相の導入、距離空間への位相の導入へと次第に抽象化して、一般の位相空間へと導いている。
このたびの増補新装版では、旧版には一部しか掲載されていなかった「解答とヒント」を大幅に増補・充実させて、すべての問題に対する解答を収めた。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
裳華房
掲載誌・レーベル
数学シリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年12月09日
紙の本の発売
2020年03月
サイズ(目安)
77MB

集合と位相(増補新装版) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    書名は「集合と位相」だが、位相空間論がメイン。説明が簡潔で、読み進めるのはかなり難儀だったが、コンパクトにまとまっているのは良い(他の本を読んでないので類著と比べてどうとかは言えないのだが)。本文の内容を補う豊富な練習問題も、巻末に丁寧な解説が載っている。
    1 集合と写像
    2 濃度の大小と二項関係
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています