悪の華

悪の華

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

シチリアマフィアのドンの息子ガルシアは、仲間の裏切りにより家族を皆殺しにされてしまう。祖母の生まれ育った国、日本へ――。その心には、燃えるような復讐への思いが滾っていた。日本の裏社会で類い希な戦闘能力を買われたガルシアは、山王寺組若頭・不破の暗殺を請け負う。が、不破もまた非道極まりない殺人マシーンだった……。凄絶なピカレスクロマン!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2020年12月25日
サイズ(目安)
1MB

悪の華 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年06月22日

    シチリアマフィアのドンの息子、ガルシアの話。600ページを超える長編で、全ては最後の100ページのためという感じ。ここからのクライマックスが最高に興奮する。大袈裟ではなく本当に手に汗を握った。
    あと新堂作品には必ずといっていいほど小心者の面白いキャラクターが登場して笑わせてくれるのも良い。(今回は片...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月08日

    新堂作品のグロさにやられつつも、
    時にこういったちょっとストイックな素敵な作品に出会えると嬉しい。

    実はこの続きの「聖殺人者」から読んでしまい、
    これが3部作だったと知ってあわてて読んだ。
    いつもの新堂節のえぐさもありつつ、イタリアンマフィアと言う設定のせいか?
    ややトーンがスマートで、読みやすか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月08日

    作品冒頭は、いきなりイタリアのシチリアから始まる。抗争渦巻くマフィアの世界に生きる冷徹な男、
    ガルシアが主人公である。
    彼の作品で外国が舞台になるのは初めての試みで、読み始めはさすがに驚いたが、その後ある事件がきっかけで舞台は新宿・歌舞伎町へ……。
    新堂の、どの作品を読んでいてもそうなのだが、暴力的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月10日

    まあ、突っ込みたい部分は多々あるが、面白く読めたかな?
    盲目の設定には無理があるのでは??
    ガルシアぐらいの人間なら気づくと思うけどね。

    続編もあるので、読んでみようかな。



    内容(「BOOK」データベースより)
    シチリアマフィアのドンの息子ガルシアは、仲間の裏切りにより家族を皆殺しにされてし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月30日

    この物語はわたしにとってどストレートに響いた・・・。
    イタリアンのシチリアマフィアのドンの息子ガルシアが主人公。そのガルシアの一年と少しの物語。

    切なくなる場面が多々あった。
    戦いの前夜のマスミとのシーンがとても胸に響いた―。

    『しゃっくり上げ,頷くマスミ―眼を閉じ,微かに顎を突き出した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング