多粒子系の量子論

多粒子系の量子論

作者名 :
通常価格 5,720円 (5,200円+税)
獲得ポイント

28pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書では、多粒子系のさまざまな現代的な応用や計算法を広く述べることよりも、粒子対称性、多体波動関数、第2量子化の方法といった多粒子系の量子力学の基本的な考え方を詳しく説明すること、それから、ハートリー‐フォック近似、乱雑位相近似、摂動法、といった基本的な計算法の考え方について説明することに重点をおいた。各部分においては、実際的な例を、できるだけさまざまな領域──クォーク模型、核物質、電子ガス模型、ボース‐アインシュタイン凝縮など──からとった。これらの例は、各分野の研究内容とその発展を紹介するということよりも、多粒子系の量子力学の考え方の例として議論した。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
裳華房
ページ数
448ページ
電子版発売日
2020年11月12日
紙の本の発売
2016年11月
サイズ(目安)
146MB

多粒子系の量子論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月24日

    多粒子系の量子力学を初めてきちんと学んだ。議論も例も計算法の記述も適切で、最後まで意欲をもって独学できた。特に第二量子化のところは目からウロコだった。

    私は初版で学び、正誤表も出版社のものを参照したが、2017年12月21日の時点では、私が気付いただけでも夥しい誤植があった。こんなに多いのは初めて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング