Mr.Children 道標の歌

Mr.Children 道標の歌

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※電子書籍特典として装丁のアザーカットが収録されております。本編については紙版と同じ内容となります。 

ミスチルのこと
深く知ることが出来た気がします。
好きになりそうです。
ーー桜井和寿(Mr.Children) 

稀代の国民的バンド・Mr.Childrenの30年にわたる軌跡をその代表曲とともに紐解く、“読む”ベスト・アルバム!
名曲たちがさらなる輝きを放つ、日本ミュージックシーンの歴史に残る傑作ノンフィクション。

本書では、Mr.Children を追いかけた25年間の膨大なアーカイブと、この本の執筆のために取材をしたメンバーや関係者の新たな証言をもとに、彼らの代表曲や重要曲を中心に取り上げ、その魅力を紐解きながら、これまで門外不出だったエピソードも交え、彼らのヒストリーを綴っていく。いわばMr.Childrenの現時点での、“読む” ベスト・アルバムなのである。
(Introductionより)

小貫信昭(おぬき・のぶあき)
1957年東京都生まれ。1980年、『ミュージック・マガジン』を皮切りに音楽について文章を書き始め、音楽評論家として40年のキャリアを持つ。25年以上にわたり、Mr.Childrenの音楽とメンバーの魅力を言葉として紡ぎ、ファンに届け続けている。ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』(通称「肉」「骨」)、『Mr.Children 2001-2005 〈micro〉』『Mr.Children 2005-2010 〈macro〉』ではライナーノーツも担当するなど、Mr.Childrenに最も精通する書き手である。著書に『歌のなかの言葉の魔法』『小田和正ドキュメント 1998-2011』、共書に『es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS』など。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 音楽
出版社
水鈴社
電子版発売日
2020年11月19日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
12MB

Mr.Children 道標の歌 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    グループ結成の誕生秘話や曲の誕生秘話など盛り沢山。
    ミスチル好きにはCD片手にぜひ読んで欲しい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    素晴らしい内容でした。Mr.Childrenファンである私は、がっつり心を掴まれました。IntroductionからOutroductionまでずーっとニマニマ笑みを浮かべながら読ませてもらいました。あたたかくアツい気持ちになれました。BGMはもちろんミスチル。章が変わるごとに流すアルバムも変えて。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    それぞれの曲に、CDに、込められた些細なテーマや工夫。要するに想い。
    ありきたりな言葉だけど、音楽って深くて、偉大で、いつも当たり前にあるけど相当に人間をいや僕を支えてるんだなと実感。消費していくデジタルツールとして聴き流し気味の最近の自分を反省。
    そういえば中学生の頃は、ミスチルのアルバムを買った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    ひとつの作品に対する作り手側の想いが伝わる内容でした。現代風に例えるなら、ストーリー。改めて文字で読むと受け取り方も変わってくる。それは自分が年老いたからかもしれませんが、新たな価値観や思いを与えてくれる。古いアルバムが聴きたくなる内容でした、同時にMr.Childrenを好きになってよかったと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月04日

    Mr.Childrenを今よりもっと好きになります。
    その曲を聴きながら、何度でも読みたくなっちゃう。

    桜井さんの描くあの心にぴったりと寄り添う歌詞は、日常から見えてくるフレーズを常に探し書き留めている、アンテナの異常までな高さから生まれているものなんだなぁとよく分かりました。

    前からずっと、2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月03日

    小学校5年生か6年生くらいにやたらとラジオから流れてくる「CROSS ROAD」に出会い、そこから彼らの音楽を聞き続けて来た。その間に彼らは日本を代表するビッグバンドとなり、彼らとともに成長したファンだけでなく、その子供までも魅了するいわば国民的バンドとなった。その彼らの代表曲を厳選し、その曲の生ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    2005年くらいから聴き続けているが、ファンになる前のエピソードに関しては新たな発見が、ファンになってからのエピソードに関しては感慨深さみたいなものを感じた。

    一番印象に残ったのは最近の桜井さんが先生に習ってボイトレをしているということ。「innocent world」などを課題曲にしているとのこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています