Mr.Children 道標の歌

Mr.Children 道標の歌

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※電子書籍特典として装丁のアザーカットが収録されております。本編については紙版と同じ内容となります。 

ミスチルのこと
深く知ることが出来た気がします。
好きになりそうです。
ーー桜井和寿(Mr.Children) 

稀代の国民的バンド・Mr.Childrenの30年にわたる軌跡をその代表曲とともに紐解く、“読む”ベスト・アルバム!
名曲たちがさらなる輝きを放つ、日本ミュージックシーンの歴史に残る傑作ノンフィクション。

本書では、Mr.Children を追いかけた25年間の膨大なアーカイブと、この本の執筆のために取材をしたメンバーや関係者の新たな証言をもとに、彼らの代表曲や重要曲を中心に取り上げ、その魅力を紐解きながら、これまで門外不出だったエピソードも交え、彼らのヒストリーを綴っていく。いわばMr.Childrenの現時点での、“読む” ベスト・アルバムなのである。
(Introductionより)

小貫信昭(おぬき・のぶあき)
1957年東京都生まれ。1980年、『ミュージック・マガジン』を皮切りに音楽について文章を書き始め、音楽評論家として40年のキャリアを持つ。25年以上にわたり、Mr.Childrenの音楽とメンバーの魅力を言葉として紡ぎ、ファンに届け続けている。ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』(通称「肉」「骨」)、『Mr.Children 2001-2005 〈micro〉』『Mr.Children 2005-2010 〈macro〉』ではライナーノーツも担当するなど、Mr.Childrenに最も精通する書き手である。著書に『歌のなかの言葉の魔法』『小田和正ドキュメント 1998-2011』、共書に『es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS』など。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 音楽
出版社
水鈴社
電子版発売日
2020年11月19日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
12MB

Mr.Children 道標の歌 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    ミスチルのことが、曲が、より深く好きになりました。制作秘話や歌詞ができるまでを知ることができて、ますます聴き入りたくなる!
    何度も本を読んで、何回も曲を聞いて、30周年に向かうミスチルをこれからも楽しみに生きていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月17日

    ミスチル 好きの人には何とも言えない素晴らしい一冊!デビュー前のエピソードから最新アルバム『sound tracks』まで、彼ら四人や関係者の発言を基に紹介。これを読むと、どうしてもそこで紹介されている曲を、また聞きたくなるほど。曲作りのエピソードやこの曲の聞きどころが満載で、彼らの音楽に対するひた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月03日

    才能がある、天才と称されている桜井さんでも、それには想像を絶する努力や挫折・経験によって磨き上げられたものであったことを知った。我々は世に出た作品を見て聞いて感情を揺さぶられるが、その前提としてある背景を本を通じて感じることで、今まだとは違う感覚でミスチルを楽しめることができる。曲を通して伝えたいこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    桜井さんがこの歳、この立場になってから英会話教室やボイトレに通いはじめたことに対して「すごい!」と思ってたけど、この本を読んで、今までもずっとずっと、そうやってきた人なんだとわかって大変反省した。そして今まで以上に尊敬。
    新しいことをやりたい、自分が思い描くことを実現するための手段は全部やる、限界な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    どんなに歳をとってもその時その時の新鮮さを追い求める姿が印象的。これこそがプロというべきなのかと。「音楽をやり続けるには売れなければならない」というすごく現実的な話を若い頃にしているのも意外で、理想と現実のバランスが絶妙に取れているからこそ、大衆に受けるものを作り続けられるのかなとも思った。あと、ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    グループ結成の誕生秘話や曲の誕生秘話など盛り沢山。
    ミスチル好きにはCD片手にぜひ読んで欲しい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    素晴らしい内容でした。Mr.Childrenファンである私は、がっつり心を掴まれました。IntroductionからOutroductionまでずーっとニマニマ笑みを浮かべながら読ませてもらいました。あたたかくアツい気持ちになれました。BGMはもちろんミスチル。章が変わるごとに流すアルバムも変えて。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    それぞれの曲に、CDに、込められた些細なテーマや工夫。要するに想い。
    ありきたりな言葉だけど、音楽って深くて、偉大で、いつも当たり前にあるけど相当に人間をいや僕を支えてるんだなと実感。消費していくデジタルツールとして聴き流し気味の最近の自分を反省。
    そういえば中学生の頃は、ミスチルのアルバムを買った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    ひとつの作品に対する作り手側の想いが伝わる内容でした。現代風に例えるなら、ストーリー。改めて文字で読むと受け取り方も変わってくる。それは自分が年老いたからかもしれませんが、新たな価値観や思いを与えてくれる。古いアルバムが聴きたくなる内容でした、同時にMr.Childrenを好きになってよかったと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月07日

    1990年代に青春を過ごした方の中にはこのバンドの曲と共に過ごした方が多いのでないだろうか。喜怒哀楽の感情に寄り添ってくれる彼らの曲たちのお陰で人生がカラフルになっていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング