「がんになって良かった」と言いたい

「がんになって良かった」と言いたい

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

NHK「ひとモノガタリ」でも著者(山口さん)を紹介!話題に!!

病、死と向き合ったからこそ、
自らの人生を見つめることができた!
SNSでつながる誰かに
勇気やパワーをもらった。
自分も生きる元気を届けたい!
~~~~~~~~~~~~~~
「がんになって良かった」
これは生き残った
「がんサバイバー」としての言葉ではない。
著者が大学1年の冬、
数ヶ月に及ぶ抗がん剤治療を乗り越え
その先に待っていた、十時間を超える難手術に向かう
前夜にブログに記した言葉だ。

その後も入退院を繰り返す著者は、
どんな思いでこの言葉を発し、病と死に向き合い、
そして人生について考えたのか——。

*  *  *  *  *  *  *
病は決して不幸そのものではない。患者を可哀想だと言ってくれるな。
僕は僕の生き様を残し伝えていくから、あなたはあなた自身の命について考えてほしい。
*  *  *  *  *  *  *
僕は、今の僕が好きだ。がんになり、自分の思いを綴り、そして自らの人生について深く考えることのできる自分が。
(「まえがき」より)
*  *  *  *  *  *  *

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
徳間書店
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年07月31日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

「がんになって良かった」と言いたい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    Twitterをずっとフォローしていて、応援していました。
    まず難しいがんになって、次に白血病。そして再々発。
    苦しい治療、闘病を続けながらも、勉強を続け、京大を卒業。そして大学院に進学。
    亡くなる少し前も病室で授業を受けていました。
    長い間のかなり酷い体調不良の中でも、ネット上で様々な発信を続け、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月12日

    某ECサイトに感想を投稿した。
    とても格好良い生き様だと思う。
    孤独でたった一人で闘病し続けることと、苦悩しながらでも人と関わり輪に加わりながら生きるのでは、魂の救われ方がちがうと思うので、これからもその精神に敬意を持ち、己の人生にも活かしていきたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    著者、山口雄也さんを知ったのは、偶然目にしたあるブログだった。数十万人に一人が患う胚細胞腫瘍という珍しい癌になった彼は、当時まだ19歳の大学生だった。
    彼の文章は、どこか人を惹き付ける力を持ち、私は見も知らぬ彼がどんな人なのか知りたくなり、時折思い出しては、彼の二つのブログを読んでいた。
    手術は上手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    私はNHKのドキュメンタリー番組を知らないので純粋に山口雄也さんの紡ぎ出す言葉たちに魅了された者のひとりです。小説の様に読んでしまったけれど全てが現実。雄也さんの勇気や優しさや彼の生き様が胸に刺さりました。そして心から回復を祈り応援しています。興味を持たれた方は是非彼のSNSにも訪れていただきたいで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    大学生の壮絶な闘病記。
    読みやすくて、2時間ほどで読んだ。
    明日が来るのが当たり前じゃない。
    今日を全力で生きようと力をもらえた。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    山口雄也さんが6月6日亡くなった。
    ある日突然、僕のTwitterアカウントのおすすめに飛び込んできた彼。がんと戦う彼のツイッターがなぜおすすめされたのかはわからないが、末期の大変厳しい状況の中で文字どおり懸命に生きようと、生き切ろうとする彼のツイートの切実さから目が離せなくなった。

    そして、つい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月13日

    父が癌で治療が無理となったときこの書籍を見つけ購入しました。癌に直面し苦しい治療を乗り越えたと思った時に再発、より辛く見込みが薄い治療に移行してゆくときの著者の気持ちが単なる日記ではなく文章として、作品として書かれています。病により死の恐怖と生の尊さの狭間で翻弄される、当事者だけが知る内面を曝け出し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月05日

    過酷。。
    どうして1人の人にここまで辛い目に遭わすのか。
    理不尽さを感じる。

    でも本は、頭の良い人はみんなこうなのか分からないけど小難しい言葉を並べてインテリ感満載で、もう少し普通に自分の感情を語れば良いのに、と感情移入出来ないし面白くはなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年07月04日

    星5つという評価をして良いのかは分かりません。評価するべきものでは無いのだと思いますが、多くの人に知ってもらうには、星5つの方が良いのだと思い、付けています。雄也さんが亡くなる前からSNSをフォローし、この書籍も購入していました。読み終えたのは、雄也さんが亡くなってからです。
    出会ったことも話したこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています