「がんになって良かった」と言いたい

「がんになって良かった」と言いたい

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

NHK「ひとモノガタリ」でも著者(山口さん)を紹介!話題に!!

病、死と向き合ったからこそ、
自らの人生を見つめることができた!
SNSでつながる誰かに
勇気やパワーをもらった。
自分も生きる元気を届けたい!
~~~~~~~~~~~~~~
「がんになって良かった」
これは生き残った
「がんサバイバー」としての言葉ではない。
著者が大学1年の冬、
数ヶ月に及ぶ抗がん剤治療を乗り越え
その先に待っていた、十時間を超える難手術に向かう
前夜にブログに記した言葉だ。

その後も入退院を繰り返す著者は、
どんな思いでこの言葉を発し、病と死に向き合い、
そして人生について考えたのか——。

*  *  *  *  *  *  *
病は決して不幸そのものではない。患者を可哀想だと言ってくれるな。
僕は僕の生き様を残し伝えていくから、あなたはあなた自身の命について考えてほしい。
*  *  *  *  *  *  *
僕は、今の僕が好きだ。がんになり、自分の思いを綴り、そして自らの人生について深く考えることのできる自分が。
(「まえがき」より)
*  *  *  *  *  *  *

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
徳間書店
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年07月31日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

「がんになって良かった」と言いたい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年10月29日

    かなり辛い状態で、気丈に自分の気持ちを綴られていて、自分では無理だろうなと思った。ドナー、献血の大切さを思い知らされた。すぐにでも登録しようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月15日

    いつ、誰がなってもおかしくない病気。病気にしっかりと向き合った主人公の強さに心打たれました。色んな葛藤を,しながら最期まで生き抜いた強さがすごいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月22日

    この本を見つけて良かったと思いました。
    死に直面した人にしか分からない世界。
    癌は怖い、痛い、大変、死ぬ。分かっていても実際になってみないと実感することは難しい。
    だからこそこういうサバイバーさんの貴重な日誌を読むことで、今に感謝することの大切さ、今があることの尊さを1%でも感じ取り、今から明日へど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月02日

    ✏️朝、目が覚めることに感謝する
    ✏️会える人に、会えるうちに、会わなければならない
    ✏️1人の頑張る姿は見た人に勇気を与え、幸せに繋げる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    生ききるために。

    @1210401 2021年11月22日

    亡くなるならガンも悪くないと思ったことがあるし、それをガン患者に伝えたこともある。失礼だし、何も分かっていないヤツが何を言うって我ながら思う。友人の配偶者が突然死した際、遺影は結婚式の写真だわ、現実を理解するにはあまりに幼い子たちがお通夜で迎えてくれるわ、を目の当たりにしたことによるものが大きく、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    自分も癌になった経験があるので、ついつい共感して買ったけれど、自分とはあまりにも異なる壮絶な闘病生活を送られていた。
    自分自身大きく価値観が変わったかと言われればそう言うわけではなく、やりたいことをやるための大義名分を得たような感覚であったけれど、著者のやりたいことがどんどんできなくなる現実と向き合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月30日

    人生の節目ごとに、1年の節目ごとに、
    読み返さなければならない1冊になりました。

    生きてて欲しかった。

    彼が生きていたら、本当に日本は良い影響を受けていたのではと感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月28日

    「生」と「死」の狭間を何度も行き来してきたからこその言葉の重み、そして深さがあった。

    ところどころあまり理解できない部分があり、その点に関して生涯理解できないままなのかもしれない。
    なぜなら、山口さんのような経験をこれから必ずするとは言えないから。

    逆に共感をしたポイントであれば、部分的に自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    過酷な世界を、必死に前を向いて生き抜こうとした著者の強さに感動した。自分の悩みが余りにちっぽけだ。まさに、生きとるんやから贅沢言わない、恥を知れ!、だ。
    本を書くことが一つの夢だったとのこと。著者の文書を読むと、沢山本を読んできた、教養ある優秀な人物だったことが直ぐに分かる。一つの卓越した才能が若く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    タイトルの最後の「と言いたい」の部分が、大切なのだと感じた。
    何度も白血病が再発したり、肺炎を患ったり、多くの友人知人を失う中にあって、極限まで経験したからこその、「と言いたい」なのである。読めば分かるが、本気で「がんになってよかった」とは思っていない。ただ、彼はこうも言う。「他の大切な人や家族でな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング