本の読める場所を求めて

本の読める場所を求めて

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

本を、読む。こんなシンプルなことが、どうして放っておかれているのか。

「書を携えて、街に出る。人が人といてひとりになるためには
こんなすったもんだが必要なんですね」
――片桐はいり(俳優)


本はあっても、読む場所がない!
家でもカフェでも図書館でも……ゆっくり読めない。街をさまよう。
だから、「今日はがっつり本を読んじゃうぞ~」と思う人たちが
心ゆくまで「本の読める」店、「fuzkue(フヅクエ)」をつくった。
本と、光さえあればできるはずのものが、どうしてこんなに難しいんだろう?
心置きなく、気兼ねなく本を読むためには、なにが必要なんだろう?
なぜか語られてこなかった「読む」「場所」をめぐって、
ストラグルし、考えぬいた先に見えてきたものとは?
大部の『読書の日記』に綴る読書の喜びで人を驚かせた著者が、
ユーモアを織り交ぜた文体で小説のように書き記す。
「読書」を突き抜けて、「場づくり」「孤独」「文化」「公共」まで眼差す。
――きれいごとをちゃんと欲望しよう。

「もし映画館がなくて、小さな画面としょぼい音響でしか映画を観ることができなかったら。もしスキー場がなくて、野山を一歩一歩自分で登ってでしか滑ることができなかったら。もしスケートパークがなくて、注意されたり迷惑顔をされたりするリスクを常に抱えながらしか遊ぶことができなかったら。心置きなく没頭できる場所を抜きに、それぞれの文化の裾野は、今のような広さにはなっていないはずだ。
〔…〕だから読書にも、そういう場所があったほうがいい」(本文より)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2020年07月24日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

本の読める場所を求めて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    趣味が読書であるというと、この本にも書かれている通り、どこか高尚な趣味で真面目な印象を持たれてしまう。それを言われて僕は、どこか優越感に浸る部分があるが、内心漫画や映画と変わらないんだけどなと思うところもある。それを阿久津さんは代弁してくれている。もっと読書がとっつきやすいものであることをわかって欲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    本をがっつり読みたい時に、意外と本を読むのに適した場所がないということを語った本。ここのところ自分がぼんやりと思っていたことを全て吐き出してくれてスッキリした。そして、本の読める店を作るに至るストーリーも読むことができ、面白く参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月31日

    1度しか行ったことがないけど、とにかく居心地良くて、本が気持ちよく読めた「本の読める店」Fusukeできるまで。そしてこれから。
    どのような考えの末にあのお店が生まれたのか、どういう考えであの空間が保たれているのか。
    面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    読みやすく面白い文章だった。言葉選びが好き。
    本を読める場所、、フクヅエに行ってみたい。
    料金システムの発想や、読書に対する熱い想い、、全編通して新しい発見や共感ができ面白かった♪
    こういう考えの人が作った場所を体験してみたい。

    そして、自分の中のやる気、新しいことへ挑戦する気持ちも強くさせてくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月22日


    まだ読み終わってないんですけど、
    書いちゃう。もう書いちゃう。
    溢れ出てくるこの想いが止まらないから書いちゃう。


    良い本に出会った。
    京王線初台にある「fuzukue」という
    お店の店主阿久津隆さん著の本。

    読書好きの読書好きによる読書好きのための読本。
    かのアメリカ大統領エイブラハム・リン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    書名通り本を"本当に"読める場所を求めて様々な場所を彷徨い最終的に自身でそれを作った経緯を描いた作品。読書は立派な趣味だし集中力・体力が必要なスポーツだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    fuzkueというブックカフェを営む筆者。読書しやすい環境を求めた結果だという。読書という営みについて考察した一冊。

    初台と下北沢にあるというfuzkue。理想の場所を求めるうちに自分で作ってしまうところがすごい。店のお品書きも掲載されている。

    本を読むことに関する考察がひたすら続くだけなので冗...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    「本の読める場所」について1冊の本が書けてしまうというのは凄い。ただ読み物としてはどうでしょうかね……

    私自身、どれだけ長居をして良いものか?と心配してみたり、隣の会話や挙動に気を取られてしまったり、本が読める様で読めないという経験をしているのだが、皆さん同じ問題を抱えていらっしゃるのですね…

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    一度は行きたいと思っているフヅクエ店主による本。テーマは著者が追い求めている「理想の本を読む場所」。読書が大好きな身にとってはとても興味深い。私は、家で読むことにそれほど不自由を感じていないが、確かに読書環境は大事だと思う。著者の情熱の深さ、そして実行に至るまでの考え、そして実際に実現化している実行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    自分が本を読みたいと思った時に感じていたことがそのまま書かれてあり、非常に納得した。
    fuzkueさん、いつか行ってみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています