大川隆法 思想の源流 ―ハンナ・アレントと「自由の創設」―

大川隆法 思想の源流 ―ハンナ・アレントと「自由の創設」―

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「自由」と「民主」、そして「信仰」――
幸福の科学がめざす、
政治活動や政治提言の原点とは。

かつて全体主義の起源を説き明かし、
ナチズムの危険性を世界に訴えた
政治哲学者・ハンナ・アレント。
若き日の著者が共鳴したその思想から、
政治のあるべき姿が見えてくる。

◇特別警察、強制収容所、粛清、虐殺――全体主義の特徴
◇革命において「暴力」と「権力」は両立しない
◇現在の中国の覇権拡大や中東紛争をどう考えるべきか
◇恐怖による支配ではなく、自由を創設していく選択を

【著者が東京大学在学中に執筆した論文
 「H・アレントの『価値世界』について」を特別収録】


【ついに著作2700書突破!】


■■ ハンナ・アレントの人物紹介 ■■
1906~1975年。政治学者・哲学者。ドイツ系ユダヤ人として生まれる。18歳でマールブルク大学に入学し、マルチン・ハイデガーに学ぶ。その後、フッサールやヤスパースに学ぶ。1928年、ヤスパースのもとで、論文「アウグスチヌスにおける愛の概念」を執筆し、博士学位を取得。33年にナチス政権が成立した後、パリに逃れ、ユダヤ人の救援活動に従事。51年、アメリカに帰化。同年、『全体主義の起源』を発表し、反ユダヤ主義と帝国主義に焦点を置いて、ナチズム、スターリニズムの根源を突き止めた。他の著書に『人間の条件』『革命について』『イェルサレムのアイヒマン』などがある。

目次
まえがき
第1章 青春の日のハンナ・アレント
第2章 ハンナ・アレントの霊言
第3章 特別収録 H・アレントの『価値世界』について
あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
幸福の科学出版
電子版発売日
2020年07月18日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

大川隆法 思想の源流 ―ハンナ・アレントと「自由の創設」― のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています