いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」

いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書は、日本を取り巻く諸国が捏造した「領土問題」を終わらせる意思をもって著された。著者は、中国が世界地図の改変・破棄を始めた1970年代より前の地図を入手。かつての中国や韓国、台湾が「尖閣」「竹島」「日本海」の呼称を認めていた、という「動かぬ証拠」を提示する。歴史を見れば、外国がつねに他国の領土を手に入れようと画策するのは、けっして珍しいことではない。命懸けで守られた日本の領土を、われわれが後世につなぐため、知っておかなければならない知識がここにある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
PHP研究所
ページ数
276ページ
電子版発売日
2011年04月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
14MB

いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月01日

    遺棄化学兵器について多くのページを割いており圧巻。前々から気になっていたが、すっかりニュースで報道されなくなった。知れば知るほど怒りが湧く遺棄化学兵器問題はもっと多くの日本人に知っていて欲しいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    資料がよく調査されていて、裏づけのある情報を元に論旨を展開しているところは明快です。竹島・尖閣問題については、そういう意味では過去から現在に至る状況をよく理解できました。その一方で、文献の引用を用いているところはちょっと微妙な感じ。文献の引用はTVのインタビューと同じで、「都合のよいところ」を持って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています