宇宙探査ってどこまで進んでいる?:新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画まで

宇宙探査ってどこまで進んでいる?:新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画まで

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

や火星のこと、最新宇宙探査が、たっぷりの写真とイラストでよくわかる

2019年は、「アポロ11号」による人類初の月面着陸から50年目にあたる節目の年。
現在、世界各国が宇宙探査に力を入れており、月や火星に大きな注目が集まっています。
中国は、2018年12月、世界で初めて月の裏側への探査機を打ち上げに成功しました。
また、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の前澤友作社長は、2023年に月旅行すると発表しました。

火星探査では、2019年にロシアが有人探査機の打ち上げを発表しているほか、
米スペースXは2024年に、NASAは2030年代に有人探査を予定しています。

この本は、今熱い視線が注がれている、月・火星探査を解説する入門書です。
「アポロ計画」を始めとする宇宙探査の歴史から、月・火星の基本情報、
新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画といった最新の宇宙探査ミッションまで、
図解でわかりやすく紹介しています。

小学校低学年から高学年、大人が読んでも面白い一冊です。

■「子供の科学★ミライサイエンス」シリーズについて
1924年創刊の月刊誌『子供の科学』が、
未来を生きる子供たちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介するシリーズです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 学習・知育
出版社
誠文堂新光社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2020年05月15日
紙の本の発売
2019年06月
サイズ(目安)
57MB

宇宙探査ってどこまで進んでいる?:新型ロケット、月面基地建設、火星移住計画まで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    ふりがなも振られ、文章はコンパクト。しかし、聞きたいことが載っていて、大人でも楽しめる。見出しがややミスリード!?図も多くて、わくわくする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月27日

    興味ひくポイントがありました。
    ロケットの発射に地球の自転を使うとか、
    火星と地球の接近を考えると発射チャンスが何年に一度だとか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング