冠詞のトリセツ 非ネイティブがぶつかる冠詞の壁を越える!

冠詞のトリセツ 非ネイティブがぶつかる冠詞の壁を越える!

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本人にとってなぜ“冠詞”が難しいのか、
もちろん、日本語に冠詞がないこと、そして
冠詞の理論が複数存在することも、その一因でしょう。

「a と the の違いは“特定”と“不特定の違い”」
と習ったり、
「聞き手は知らない(未知・新情報)ならa で、
聞き手もすでに知っている(既知・旧情報)ならtheにする」
と習ったり
「初登場なら a で、2回目以降は the になる」
と習ったり…。
その説明は千差万別です。

本書では、冠詞を正しく使うための方法を、
3つの原則を設定して解説していきます。
200の例題と、100の確認テスト問題を解きながら、
冠詞のセンスを身につけることができます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
かんき出版
ページ数
280ページ
電子版発売日
2020年04月15日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
112MB

冠詞のトリセツ 非ネイティブがぶつかる冠詞の壁を越える! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月18日

    良かった。
    ただ、可算名詞複数が一般論のみを表すという説明には疑問が残っている。
    手元にあった "An Absolutely Remarkable Thing" を眺めてみたら、そうではない限定的な複数を表すように見える分が沢山あった。
    「Some + 加算複数」が少数の場合の複...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング