シリーズ心の糧三

シリーズ心の糧三

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

シリーズ心の糧三
この「書」は、第十五回静岡県自費出版大賞の奨励賞を頂いた。
ずばり、自分の経験を通して語ったお話集。
心の糧を頂いた杉山先生のお話。豊かな人生は、自由な、温かな、豊かな「心の素地」の上に
作られていく事を教えて下さった平野先生のお話。
シベリアに抑留されたお父さんのお話。引き揚げ船での思い出。それから、日本の現状について。
戦争について。神様について。そして幼い日に聞いた物語「蜘蛛の糸」から「良心」のお話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
DoCompany出版
掲載誌・レーベル
BoBoBooks
ページ数
95ページ
電子版発売日
2020年05月15日
サイズ(目安)
2MB

シリーズ心の糧三 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

シリーズ心の糧 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • シリーズ心の糧一
    880円(税込)
    60才で知った「書く事の楽しみ」。 毎日毎日、書き続け、古希の記念にと、この書を出版した。 子や孫や皆が、健やかな人生を送れるよう「健全なる精神は健全なる身体に宿る」に沿って、先ずは身体を作る「食物の事」。 次は「食事の事」。そして「食物と、食事と、精神の関係」について。 それから何より一番大切な、「心楽しく一生懸命に仕事に勤しみ、人生を堪能する術(すべ)」。 ばあばのお話が、君達...
  • シリーズ心の糧二
    880円(税込)
    シリーズ心の糧二 その朝も、テレビから流れて来た悲惨な戦争のニュース。 「世界から戦争を無くす・・」それは不可能な事?  ばあばは、その朝決心したんだ。 「戦争のない世界」にする為に、ばあばにだって出来る事がきっとある・・ってね。 それから毎朝一時間早起きして、戦争のない世界を作る為、あなた達へのお話を書き続けた。 鬼が神様となる「鬼子母神」のお話。 エピソードで語る「愛」のお話。...
  • シリーズ心の糧三
    880円(税込)
    シリーズ心の糧三 この「書」は、第十五回静岡県自費出版大賞の奨励賞を頂いた。 ずばり、自分の経験を通して語ったお話集。 心の糧を頂いた杉山先生のお話。豊かな人生は、自由な、温かな、豊かな「心の素地」の上に 作られていく事を教えて下さった平野先生のお話。 シベリアに抑留されたお父さんのお話。引き揚げ船での思い出。それから、日本の現状について。 戦争について。神様について。そして幼い...
  • シリーズ心の糧四
    880円(税込)
    「シリーズ心の糧 四」 戦後七十数年を過ぎても「敗戦」を引きずる日本の現状を変えたいと、どこの国の属国でもない事を証明する為、冒頭に、敗戦処理の完了を、時を追って、明瞭 簡潔に纏めた。 次に、日本の総てを卑下する風潮を変えたく、和歌・短歌・俳句・詩作・書の執筆・・日本人の文学性は世界屈指のものである事を語る。 またそれは優れた日本語、日本の文字に支えられている事を具体的に語り...
  • シリーズ心の糧五
    880円(税込)
    「シリーズ心の糧 五」 この巻より『記紀の事々』と副題を附けて、『古事記』『日本書紀』について語ります。 今世界中で一番、「戦争を厭う思い」の強いのは日本人であろう。 しかし今なお、世界から向けられた「太平洋戦争を引き起こした日本」への眼差しは厳しい。 それは壬申の乱を起こした大海人皇子(天武天皇)に向ける目と同じだと気付いた。 そして歴史を辿る中で、世の荒廃、人心の荒廃を立て...
  • シリーズ心の糧六
    880円(税込)
    「心の糧六~記紀の事々 第二部~」 素朴な疑問・・「天照大神は卑弥呼なの?」を『記紀』の原文から考察していった。 日本史、中国史、世界史・・その中に浮かび上がった「戦いの遺伝子」に翻弄されまいとする人間たちの姿。 人々の心を揺り動かし乗り越えさせてきたものは何であろう・・。 人間の初めての社会作り・・古代四大文明を創り上げた人々の「心」に触れる思いで書き進めた『書』。
  • シリーズ心の糧七
    880円(税込)
    「シリーズ心の糧 七 記紀の事々 第三部」 2020年、突如世界中を襲った新型コロナウイルス禍。そんな中で私はこの『書』を書き続けていた。 戦争の愚かさ、悲しさを心底知った大国主命だからこそ到達した「戦わぬ国作り」の姿・・。 核爆弾・細菌兵器の研究に余念の無い国々の人々に向かって、私は心から、この日本神話「大国主命のお話」を語ってあげたいと思った。そして何よりも、日本人の心を育んで...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています