スマホ依存から脳を守る
  • NEW

スマホ依存から脳を守る

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

いつもイライラ、
集中できない……、
それ、スマホのせいです!

「スマホは最強(凶)の依存物です」
国立病院機構久里浜医療センター精神科医長、緊急書き下ろし!

大人も子どもも依存物だと知らずにつきあい、
気づいたときには重症化しているのがスマホ依存症の恐ろしさ。
久里浜医療センター精神科医が警告する、ゲーム依存を中心にしたスマホ依存症とその治療、
「依存症は〈正の強化〉と〈負の強化〉を脳内につくる精神疾患です。まずは、個人も社会もスマホ依存症の正体をよく知ることです」

【目次】
はじめに
第1章 依存物は最高だ!
依存物と同棲している子どもたち
依存症の定義
依存物の条件
オンラインゲームの依存的特性
その依存物が流行るワケ
「依存物は最高だ!」

第2章 脳内借金としてのスマホ依存症
依存症の発症
精神依存における「正の強化」と「負の強化」
精神力で「負の強化」を乗り越える?
「快楽」と「不快」の同時進行
知らないうちに猛獣に食べられている
依存症の正体の見えにくさ
依存症とひきこもり
依存症の複雑な因子
脳内借金としての依存症
依存症からの回復
 
第3章 依存物との闘いの歴史
覚せい剤の発見と広がり
規制の効果と難しさ
アルコールの「性能強化」
アルコールの規制
依存物と人間のつきあい
ゲームの発明と黎明期
オンラインゲームの誕生
インターネットメディアの依存的性質
 
第4章 スマホ依存症の実態
スマホ依存の正体
インターネットとスマホの普及
インターネット依存症の研究
何に依存しているのか?
インターネットゲーム障害
ゲーム障害
オンラインゲーム依存の兆候
合併する精神疾患や発達障害
空き時間による依存症の悪化
 
第5章 スマホ依存症対策の壁
一般的なスポーツとeスポーツの比較
教育や仕事と対決するゲーム
「プロゲーマー」という危ういワード
「聖域」の消失
遊具でもある学習用具?
依存症は「自己責任」か

第6章 スマホ依存症からの回復
「節制しながら」か「全く断つ」か
断ネットか、節ネットか
断ゲームか、節ゲームか
スマホ依存症の治療 
久里浜医療センターでの取り組み
スマホ依存症予防と回復
依存物に触れない自由・依存物から守られる権利

おわりに~スマホ依存症の未来

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2020年02月13日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

スマホ依存から脳を守る のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています