桜の下の欲情

桜の下の欲情

作者名 :
通常価格 586円 (533円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

豪胆かつ繊細な筆致で、百年に一人の天才日本画家――。美術は専門外なのに画壇の寵児・九重鎮之(このえしげゆき)のイラスト連載を担当することになった編集者の本郷(ほんごう)。けれど九重は、初対面から傲岸不遜で威圧的。知識不足を糾弾するように「おまえの取り得は身体ぐらいだ」と迫ってきた!! 原稿のためにはこの屈辱に耐えなければならない――。以来、自宅に通っては執筆の合間に抱かれる日々が始まって!? ※口絵・イラスト収録あり

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
徳間書店Chara
掲載誌・レーベル
キャラ文庫
電子版発売日
2019年12月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

桜の下の欲情 のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2020年09月28日

    日本画家 VS 雑誌編集者

    桜に結びつくお話

    嫉妬、ねたみ、……

    イラストも大好きなみずかねりょう先生❤️

    幾重にも良かった❣️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月25日

    俺様な天才日本画家、九重×マイペースな雑誌編集者、本郷

    元々芸術方面に疎い本郷の文章が後半にいくにつれて進化していってるのがわかって面白かった
    線が細いようで以外とビシバシと言いたいこと言う本郷のキャラがおもしろい

    叔父←九重とか想像しちゃうよねー

    また、過去の秀さん作品に出ている「ナイトシス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月01日

    ワーカホリックな青年が本当に上手いなあと秀さんの作品はいつも思います^^傲慢な日本画家攻め×強気な美人、編集受け。サクサク読めました。秀さんのキャラ文庫作はどれも好きな要素がいっぱいです。次作も期待ということで★4。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月01日

    傲岸な画家の攻と生真面目な編集者の受。秀さんの作品だなぁ、という読後感。派手さはありませんが危なげなく読み進められました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

桜の下の欲情 ページトップヘ