土方歳三事件簿12 谷三十郎の死

土方歳三事件簿12 谷三十郎の死

作者名 :
通常価格 548円 (499円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【書籍説明】

新選組密偵の髪結和泉屋伝吉がなぶり殺しにされ、その首が西本願寺の新選組屯所に届けられた。

倒幕浪士達に伝吉が密偵であることがばれたらしい。


新選組七番隊組長谷三十郎が囲う女は、実は長州浪士の愛人だった。

女は谷から新選組の機密情報を聞き出して、長州浪士に流していた。


谷は密偵の仙次から女のことを知らされ、激怒して女と情夫を斬り殺した。


だが、仙次から機密漏洩をタネに金を強請られる。

金に困って、谷は勘定部屋から公金百両を盗んでしまう。

勘定方河合耆三郎は公金紛失に慌て、秘かに穴埋めしようとするが、副長土方歳三にばれてしまう。

河合は断首の処分となったが、脱走を図り、沖田総司に斬殺された。


谷は河合が死んでほっとしたものの、仙次の強請りに耐えかねて斬り殺した。


谷の槍の腕前に疑問を持つ者が多くなり、三番隊組長斎藤一とも対立を深めた。


歳三は谷の公金盗用を見破ることができるのか?
斎藤と谷の不仲は、どう決着をつけるのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
まんがびと
電子版発売日
2019年11月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

土方歳三事件簿12 谷三十郎の死 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています