女たちのアンダーグラウンド――戦後横浜の光と闇

女たちのアンダーグラウンド――戦後横浜の光と闇

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

彼女たちは、どこへ消えたのか?

戦後、日本人女性と米兵の間に生まれた子どもたち、経済成長の陰で地を這うように生きた「女たち」はその後どんな運命をたどったのか。
敗戦直後から現在の横浜、北海道、そしてタイを舞台に、声なき者たちのブルースに耳を澄ませる。
華やかな横浜の裏の歴史を描き出すノンフィクション、20年の時を経てついに完結!

ジャンル
出版社
亜紀書房
ページ数
328ページ
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

    Posted by ブクログ 2019年08月07日

    この書はまず「天使はブルースを歌う」を読んでからが良いと思う。
    なんとなく知っているようで実は全く解っていなかった現実と過去のルポルタージュです。
    第二次世界大戦をやっと地続きに捉えられるようになってきた気がします。
    若い人に強くおすすめしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月09日

    著者は横浜在住の作家。生まれは京都府だが、成人して後、横浜に住み、横浜を舞台にした小説(『花園の迷宮』)で江戸川乱歩賞をとっている。横浜を描くノンフィクションの著作(『天使はブルースを歌う』)もある。

    本作は、戦後の横浜の光と影を追うノンフィクション。

    港、ヨコハマ。
    外国の人や文化が多く流入し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています