まぼろしまたね 分冊版 7

まぼろしまたね 分冊版 7

作者名 :
通常価格 132円 (120円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

穂積が死んでしまう未来を変えるため、自分が動く決意をした芽出子。小さな穂積から引き出した記憶を手掛かりに、勇気を振り絞って穂積に話しかけるが……。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
アクションコミックス
電子版発売日
2019年11月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

新刊オート購入

まぼろしまたね 分冊版 7 のユーザーレビュー

レビューがありません。

まぼろしまたね 分冊版 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 11件
  • まぼろしまたね 分冊版 1
    止めなきゃ。幼馴染が殺されるのを――。 社芽出子、中学二年生。幼馴染の十川穂積と、あることをきっかけに疎遠になってしまった。しかしそんな芽出子に不思議な出来事が起こり……。 「彼を14歳のまま終わらせない」――幼馴染の未来を変えるために走り出す、眩しくて切ない青春×タイムパラドックスストーリー!
  • まぼろしまたね 分冊版 2
    河川敷で、幼馴染の穂積そっくりの不思議な少年に出会った芽出子。だが、少年はまぼろしのように目の前から姿を消してしまう。戸惑う芽出子は、もう一度河川敷に行くため、夜中に家を抜け出す。一方、穂積も家族に問題を抱えているようで……。(前編)
  • まぼろしまたね 分冊版 3
    河川敷で、幼馴染の穂積そっくりの不思議な少年に出会った芽出子。だが、少年はまぼろしのように目の前から姿を消してしまう。戸惑う芽出子は、もう一度河川敷に行くため、夜中に家を抜け出す。一方、穂積も家族に問題を抱えているようで……。(後編)
  • まぼろしまたね 分冊版 4
    「穂積」と名乗る不思議な少年と、少年が何者かを探るため、図書館で調べ物をする芽出子。楽しい時間を過ごす2人だったが、偶然、中学生の穂積と遭遇する。少年は、中学生の穂積の前に飛び出していき……。
  • まぼろしまたね 分冊版 5
    家庭の悩みを抱える穂積は、同級生の志摩に誘われ、年上の高校生たちとのカラオケに参加することに。そこで人懐っこい先輩・ドグマと知り合いになる。穂積はその帰り道、芽出子と遭遇したことで、苦い過去の出来事を思い出してしまい……。
  • まぼろしまたね 分冊版 6
    小さな穂積とおつかいに出かけた芽出子。そこで出会ったドグマのことを、小さな穂積は知っているという。さらに穂積は、事実とは異なる不思議なことを言いだして……。
  • まぼろしまたね 分冊版 7
    穂積が死んでしまう未来を変えるため、自分が動く決意をした芽出子。小さな穂積から引き出した記憶を手掛かりに、勇気を振り絞って穂積に話しかけるが……。
  • まぼろしまたね 分冊版 8
    止めなきゃ。幼馴染が殺されるのを――。社芽出子、中学2年生。9歳の時のある出来事をきっかけに、幼馴染の十川穂積と疎遠になってしまった。もやもやした気持ちを抱えつつ、一歩踏み出せない芽出子。ある日そんな彼女の前に、穂積そっくりの不思議な少年が現れる。彼はまぼろし? それとも……。「彼を14歳のまま終わらせない」――幼馴染の未来を変えるために走り出す、眩しくて切ない青春×タイムパラドックス...
  • まぼろしまたね 分冊版  9
    止めなきゃ。幼馴染が殺されるのを――。 社芽出子、中学2年生。9歳の時のある出来事をきっかけに、幼馴染の十川穂積と疎遠になってしまった。もやもやした気持ちを抱えつつ、一歩踏み出せない芽出子。ある日そんな彼女の前に、穂積そっくりの不思議な少年が現れる。彼はまぼろし? それとも……。「彼を14歳のまま終わらせない」――幼馴染の未来を変えるために走り出す、眩しくて切ない青春×タイムパラドック...
  • まぼろしまたね 分冊版  10
    止めなきゃ。幼馴染が殺されるのを――。 社芽出子、中学2年生。9歳の時のある出来事をきっかけに、幼馴染の十川穂積と疎遠になってしまった。もやもやした気持ちを抱えつつ、一歩踏み出せない芽出子。ある日そんな彼女の前に、穂積そっくりの不思議な少年が現れる。彼はまぼろし? それとも……。「彼を14歳のまま終わらせない」――幼馴染の未来を変えるために走り出す、眩しくて切ない青春×タイムパラドック...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています