おもしろすぎて眠れない 救世主イエスと悪のキリスト 最後の闘い

おもしろすぎて眠れない 救世主イエスと悪のキリスト 最後の闘い

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

不思議な「ユダヤ神聖聖書」が明かすメシアの秘密とは!? 『聖書』に預言された“審判の日=終末の日”が今まさに刻々と近づいている 本書は、その終末までの展開と、イエスの正体、そしてアンチ・キリストが果たす役割について、詳細に記した驚愕の書である。 世界最終戦争とメシア=救世主イエスの再臨、そしてハルマゲドン時に出現する二人のイエスについて、神聖聖書だけに記された秘密を明らかにする。ヨーロッパでは発禁処分にされた話題の書! 第一章 神の預言書『神殿の巻物』の秘密 第二章 「二人のイエス」の正体と大陰謀 第三章 “宇宙人”イエス・キリスト 第四章 失われた“聖櫃(アーク)”と消えたイスラエル十支族 第五章 救世主イエスと悪のキリスト 最後の闘い 終章 千年王国の扉が開く“その日”は西暦二〇四三年

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
知恵の実文庫
ページ数
247ページ
電子版発売日
2019年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

おもしろすぎて眠れない 救世主イエスと悪のキリスト 最後の闘い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月26日

    ロマン溢れる話で大変面白かった。
    死海文書からはじまり旧約聖書、新約聖書、さらにギルガメッシュ叙事詩、テンプル騎士団へとイエスの再臨、ハルマゲドンから新しい世界の創造を探っていく。本当がどうかはわからないが、ノストラダムス同様、ロマン溢れ、ワクワクして読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています