大嫌いな同僚とエッチすることになりました。3
  • 完結

大嫌いな同僚とエッチすることになりました。3

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気づけば身体を許していて…。さらには彼の熱く太いので、激しく何度もイカされて――。

ジャンル
出版社
モバイルメディアリサーチ
掲載誌・レーベル
ラブきゅんコミック
電子版発売日
2019年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

関連タグ:

大嫌いな同僚とエッチすることになりました。3 のユーザーレビュー

レビューがありません。

大嫌いな同僚とエッチすることになりました。 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。1
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。2
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。3
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。4
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。5
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...
  • 大嫌いな同僚とエッチすることになりました。6
    完結
    「やッ…それ以上は…イっちゃ…う…!」「俺がもっと啼かせてあげますよ」――割田麻也は、同僚の森文隆が大の苦手。女性社員全員にそっけなく、冷たい彼に悶々とする日々を過ごしていた。ところがある日、森の「意外な弱点」を知ってしまう。それは、女性に触ると〇〇してしまうこと…。彼に協力するため麻也はある提案をし、距離を縮めることに。冷酷人間だと思っていた森の素顔を知るたび、ドキドキが加速し気...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています