CHOOSE CIVILITY 結局うまくいくのは、礼儀正しい人である

CHOOSE CIVILITY 結局うまくいくのは、礼儀正しい人である

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

全米の「礼節」ブームはここから始まった!

米国の名門ジョンズ・ホプキンス大学で礼節の理論と歴史を教える著者によれば、
成果や効率を重視し、競争が激しい現代社会こそ、「礼儀正しく、人と協調して生きて
いかねばならない」。本書はそのための原則25を紹介する。
2002年に原著「Choosing Civility」が発売、10万部を越すベストセラーとなった、
「礼節」本の元祖と言える一冊。

ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
電子版発売日
2019年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

CHOOSE CIVILITY 結局うまくいくのは、礼儀正しい人である のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    何が正しくて、価値があるものなのか複雑な現代において、「礼節」は不変的な原則であり、他者と生きる人生の質を高めるものである。

    25のルールの全体的傾向としては、まずは自分の思考、行動、言葉を客観視し、他者を配慮し、ネガティブな表現は避ける。自分の基準で判断するのではなく、他者の基準で判断する。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    長年、礼節の理論と歴史を大学で教えている著者が、礼儀正しくするという至極当然のことを実践することで人生の質を高める方法について述べている。

    第二章では、礼節のルールとして25の項目が挙げられており、具体的な行動に移しやすい内容となっている。

    03:「相手を良い人だと信じる」
    相手は良い人であると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    礼節とは善意の表れ。
    礼儀正しくすることは、自分を抑えることではなく、別の自分を表現すること。
    親切は関心から生まれる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    年末年始に自分を振り返るために・見つめなおすために読みました戒めの本でした。本のリードに以下の表現あり、引き込まれて購入に至りました。
    ==========
    礼儀正しくするのは自分らしさを捨てることではないか、と言う人もいますが、私はそうは思いません。
    礼儀正しくすることは、ある面の自分らしさを抑え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています