泥まみれの死 沢田教一ベトナム写真集

泥まみれの死 沢田教一ベトナム写真集

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、ご利用環境によっては『BookLive!Reader for Windows』で閲覧できない場合がございます。閲覧できない場合は、ブラウザビューア、またはその他BookLive!Readerアプリをご利用ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ベトナム戦争の凄惨な戦場に身を投じ、死と背中合わせで撮影を敢行した、ピュリッツアー賞カメラマン・沢田教一。「日本のロバート・キャパ」とも称されたサワダの、写真とその生涯を集大成した、既刊写真集の新装版。34歳の若さで戦場に散ったサワダの写真が、今も我々に語りかけているものは何か? ――沢田サタ「私が現在知っている彼の撮った写真の多くは、写真集や展覧会ではじめて見たものです。つまり、沢田の死後も、私は彼と会っているのです。」※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
242ページ
電子版発売日
2019年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
658MB

泥まみれの死 沢田教一ベトナム写真集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月29日

    ピュリッツアー賞を受賞した沢田教一の写真集。表紙にもなっている「安全への逃避」はあまりにも有名だが、彼がその後家族達を¥のもとを訪れていたことは知らなかった。しかし、衝撃を受けたのは、表題にもなっている「泥まみれの死」という題のつけられた画像だ。戦争というもののすべてが一枚に凝縮されているように感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月22日

     沢田教一という写真家がいた。ベトナム戦争当時,凄惨な戦地に行き,あの川を渡って逃げる家族の写真「安全への逃避」を撮影した人だ。
     本書には,他にも沢田の撮影したたくさんの写真が収められている。一方で,沢田の顔が写っている写真もある。これは逆にとってもらった写真だ。そのなかには,例の「安全への逃避」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月24日

    有名過ぎるくらい有名で、あえて僕がここで書く必要もないくらいの戦場カメラマン・沢田教一の写真集です。写っている写真の一つ一つがこれまた衝撃的なものばかりで、見る者の魂を揺さぶらずにはいられません。

    彼のことを知ったのは偶然見たNHK教育の彼の生涯を追ったドキュメンタリー番組で、これを確か、札幌でみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月26日

    一ノ瀬泰造とは、全く違ったタイプの人間だったのかな、と初めて沢田教一についての本を読み、思った。

    ユエの戦闘の写真は圧巻。兵士の叫び声と銃声が頭に響いてきた。

    ベトナム戦争ってどんだけ悲しい出来事だったんだよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    そこには凄惨な前線の様子が写されていて
    戦争がどういうものであるかを
    言葉以上に雄弁に物語っていた。
    鬼気迫る兵士たちの表情、ただただ絶望を感じながら逃げる現地人、
    大量に横たわる躯、硝煙と爆炎、
    ものすごく悲しい目をした人がたくさんでてくる。
    こういった痛みを僕たちはこうした写真からもっと学ぶべき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    戦争をまっすぐに捕らえたこれらの写真は、生々しくてなかなか直視できなかったけれど、沢田氏本人を撮った写真は、どれも見入ってしまった。
    優しく穏やかな表情、理知的な瞳、こざっぱりと身ぎれいな姿。
    とても素敵な人だ。きっと誰もが彼に魅かれたのではないだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    ピュリッツァー賞受賞カメラマン沢田教一氏のベトナム戦争に関する写真を妻であるサタ氏がまとめた写真集。一頁一頁に戦場の緊迫感が伝わって来ます。特に激戦地となったグエン王朝の王都フエの破壊の凄まじさは、今の平和の状況を知っているだけに、隔世の感があります。欲を言えば、一ノ瀬泰造さんのように、ご本人の手紙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています