世の中への扉 海をわたる被爆ピアノ

世の中への扉 海をわたる被爆ピアノ

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2010年9月11日、被爆ピアノ、ニューヨークへ! 被爆ピアノの音は、平和を願う声。ピアノと調律師との、奇跡的な出会い。/矢川光則さんは、被爆2世として生まれながらも、原爆や平和についてまったく意識せずに育ちました。しかし、ピアノ調律師となり、ピアノの調律・修理・寄贈という活動をしていくなかで、偶然、「被爆ピアノ」に出会います。「被爆ピアノ」との出会いによって、彼がどのように平和への意識に目覚めていったのか、その足どりをたどります。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
世の中への扉
ページ数
144ページ
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
2010年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

世の中への扉 海をわたる被爆ピアノ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    ピアノの調理師である矢川さんが、被爆ピアノとの出会いによって、様々な人々の人生や思いに触れ、ピアノを通じて平和の芽の育てるお話です。

    ピアノを弾く人々にとってのピアノは、己のCPUでもありSSDでもあり入力装置でもあるもの。
    被爆ピアノは、原爆の恐ろしさや平和の大切さを音感で伝える、後世にハンドオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月30日

    平和学習に使えるかも。被爆ピアノというのは初めて知った。何でもそうだけど、知らなかったことを学ぶことは大切。こうして、戦争の記憶を後世の人々に伝えていく活動をされている方には頭が下がります

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています