日本凶悪犯罪大全217

日本凶悪犯罪大全217

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
紙の本 [参考] 1,012円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

これは「人間の過ち」の歴史である。

大正から平成の終わりまで
過去100年間に起きた
凶悪犯罪217件を完全データ化
ニッポンの犯罪を一挙総覧!


「女子高生コンクリ詰め殺人事件」、「宮崎勤幼女連続殺人事件」、「地下鉄サリン事件」、「酒鬼薔薇聖斗事件」、「秋葉原通り魔殺人事件」……世界を震撼させたあの事件の発生地、発生年、犯人、罪状、事件発生とその経緯、逮捕、判決などを詳細解説

殺人、強姦、誘拐、監禁、強盗、死体損壊――。本書に掲載されているのは、読むのもつらく、知りたくない出来事ばかりかもしれない。しかしこうした事件が現実にあなたのすぐ隣で起こっている。我々は、この数多の犯罪の狂気の奥底に潜むものを凝視せねばならい。なぜこのような凄惨な事件が起こってしまったのか、犯人の真意(心理)はどのようなものだったのか……。日本の過去100年の犯罪を概観しその変化を感じ取る一冊。

・1915─2019年の凶悪犯罪217件を網羅
・発生の経緯、犯人の生い立ちから、判決、事件のポイントまで詳細に解説
・年表・統計、未解決事件リストなども満載

【参考データ】
少年犯罪の推移と現状
バラバラ殺人事件の系譜
冤罪事件の構図
通り魔・無差別殺人の様相
毒殺事件の傾向と分析
集団と犯罪 暴走のメカニズム
刑法犯の検挙人員と検挙率の推移
警察庁広域重要指定事件一覧
平成未解決事件リスト

【目次】
はじめに
 
平成の凶悪犯罪 1989─2019(平成元年~平成31年)
 女子高生コンクリ詰め殺人事件
 宮崎勤幼女連続殺人事件
 坂本弁護士一家殺害事件
 甲府信金女子職員誘拐殺人事件
 松本サリン事件
 埼玉愛犬家連続殺人事件
 地下鉄サリン事件
 東電OL殺人事件
 酒鬼薔薇聖斗事件
 和歌山毒入りカレー事件
 桶川女子大生ストーカー殺人事件
 「ライフスペース」事件
 大分県一家6人殺傷事件
 世田谷一家惨殺事件
 弘前武富士放火殺人事件
 大阪池田小児童殺傷事件
 自殺サイト殺人事件
 英国人講師殺害事件
 秋葉原通り魔殺人事件
 大阪個室ビデオ店放火殺人事件
 鳥取連続不審死事件
 相模原障がい者殺傷事件
 福岡IT講師殺害事件
 千葉小4女児虐待死事件
 杉並区女性保育士殺害事件
 など

大正・昭和の凶悪犯罪 1915─1988(大正4年~昭和63年)
 鈴ケ森おはる殺し事件
 玉ノ井バラバラ殺人事件
 阿部定事件
 津山30人殺し事件
 帝銀事件
 下山事件
 人違いバラバラ殺人事件
 ホテル日本閣事件
 浅沼社会党委員長暗殺事件
 名張毒ぶどう酒事件
 吉展ちゃん誘拐殺人事件
 力道山刺殺事件
 袴田事件
 金嬉老事件
 永山則夫連続射殺魔事件
 「よど号」ハイジャック事件
 大久保清連続殺人事件
 連合赤軍事件
 あさま山荘事件
 青酸コーラ無差別殺人事件
 ロボトミー殺人事件
 新宿駅西口バス放火事件
 予備校生金属バット殺人事件
 戸塚ヨットスクール事件
 グリコ・森永事件
 豊田商事永野会長刺殺事件
 トリカブト保険金殺人事件
 赤報隊テロ事件
 名古屋アベック殺人事件
 など

<参考データ>
 少年犯罪の推移と現状
 バラバラ殺人事件の系譜
 冤罪事件の構図
 通り魔・無差別殺人の様相
 毒殺事件の傾向と分析
 集団と犯罪 暴走のメカニズム
 1989~2013 平成未解決事件リスト
 刑法犯の検挙人員と検挙率の推移(平成28年現在)
 警察庁広域重要指定事件一覧

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
文庫ぎんが堂
電子版発売日
2019年09月05日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

日本凶悪犯罪大全217 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    事件に巻き込まれていないことは幸運としかいいようがなく、事件を起こしていないことも幸運なのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月11日

    犯罪事件研究倶楽部『日本凶悪犯罪大全217』文庫ぎんが堂。

    大正から平成までの100年間に起きた凶悪犯罪事件217件の概要を1、2ページ/件にまとめた犯罪総覧。

    総覧やデータブックの域を出ず、事件についてのオリジナリティのある深掘りもなく、全く物足りない。

    本体価格920円
    ★★★

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

犯罪事件研究倶楽部 のこれもおすすめ