傷あとにくちづけ act.1

傷あとにくちづけ act.1

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「謝らないで、イくとこ見せて」
ゲイコンプレックス持ちの瀬戸(せと)は、ある日失恋し泣いていたところ身なりの良い来栖(くるす)という男に声をかけられる。
ひょんなことから彼の高級マンションに上がり、そこで涙の理由を話すことに…。
甘い口説き文句と手慣れた誘い、戯れにしか見えないのに、失恋の痛手から関係を持ってしまう瀬戸。
すると後日、思いもよらない場所で二人は再会する。
好きになってはいけないのに、惹かれていく気持ちは止められなくて…!?
ズルすぎプレイボーイ×セカンドバージン美人の激甘アダルトラブ!

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
LiQulle
ページ数
43ページ
電子版発売日
2019年09月01日
サイズ(目安)
14MB

新刊オート購入

傷あとにくちづけ act.1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

レビューがありません。

傷あとにくちづけ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 傷あとにくちづけ act.1
    「謝らないで、イくとこ見せて」 ゲイコンプレックス持ちの瀬戸(せと)は、ある日失恋し泣いていたところ身なりの良い来栖(くるす)という男に声をかけられる。 ひょんなことから彼の高級マンションに上がり、そこで涙の理由を話すことに…。 甘い口説き文句と手慣れた誘い、戯れにしか見えないのに、失恋の痛手から関係を持ってしまう瀬戸。 すると後日、思いもよらない場所で二人は再会する。 好きになってはいけないのに、惹かれていく気持ちは止められなくて…!? ズルすぎプレイボーイ×セカンドバージン美人の激甘アダルトラブ!
  • 傷あとにくちづけ act.2
    一晩限りだと思っていた相手、来栖(くるす)と勤務先のデンタルクリニックで再会した瀬戸(せと)。 彼が会社の御曹司であることを知り驚くが、部屋に忘れ物をしたことで再度来栖の高級マンションに赴くことになってしまう。 受け取ったらすぐ帰る、固い決意のもと部屋に上がったものの… 「ここからは俺の意思。君との関係を続けたい」 そこで再び強引に迫られ、甘く絡め取ろうとする来栖に瀬戸の心は揺れる。 元カレとの恋愛を思い出し、その手を取ることをためらう瀬戸だったが――…
  • 傷あとにくちづけ act.3
    悩みながらも来栖(くるす)を受け入れ、期間限定の恋人同士となった二人。 逢瀬を重ね、週に一度触れ合うたびに募る気持ちは強くなっていく。 溺れるほど自分を甘やかしてくれる来栖に惹かれながらも、過去の傷から瀬戸(せと)は依然気持ちにブレーキをかけていた。 そんな中、同僚の口から「来栖は既婚者ではないか」という噂をきいてしまう。 もう一度あの過ちを、傷を繰り返してしまうのか…だったら傷つく前にやめればいい――… 再び悩み始める瀬戸だったが、勇気を振りしぼって事の真相を尋ねる決意をし…
  • 傷あとにくちづけ act.4
    期間限定でいい、なんて思えなくなったのはいつからだっけ? 恵まれた容姿と環境でイージーモードな人生を歩んできた来栖(くるす)にとって、頑なな瀬戸(せと)は不可解な存在だった。 岸寄せる波のように自身の感情を隠す瀬戸に、いつしか本気で彼のことが気になり始める来栖。 もどかしい関係に決着をつけたいと願う折、思わぬアクシデントから瀬戸が来栖の会社にやってくる。 短い間ながらも安らかなひと時を過ごす二人だったが、募る感情とは裏腹に瀬戸は変わらず期間限定で関係を終わらせようと決意していて――…
  • 傷あとにくちづけ act.5
    来栖(くるす)の存在を糧に過去の傷と向き合う覚悟を決めた瀬戸(せと)は、復縁を迫る失恋相手ときっぱり決別する。 しかし先輩への想いが消えても来栖への感情はどうしても無くなってはくれない。 全部終わらせて、来栖とも期間限定のまま消えていくはずだったのに――… 「今すぐ…誠一(せいいち)さんに会いたい」 ようやく本当の気持ちに気づいた瀬戸が選んだ未来と、優しく受け止める来栖の関係の行方は…! ズルすぎプレイボーイ×セカンドバージン美人の激甘アダルトラブ感動の最終回。
  • 傷あとにくちづけ sweet time act.1
    過去を振り切った瀬戸(せと)と、瀬戸への強い愛を自覚した来栖(くるす)。 晴れて恋人同士になり、共に過ごす時間は甘やかで幸せでたまらなくて――。 デート中も優しく愛され、かと思いきやたまに意地悪されたり…始めたての同棲生活でも、甘やかされてばかり。 優しくできないかもと言いつつ、来栖は優しく包み込むように瀬戸を抱く。 俺も誠一(せいいち)さんが甘えられる場所になりたい――。 瀬戸は一生懸命来栖を癒そうと奮闘するけれど… 続編はさらに甘さMAX! 幸せすぎる二人の蜜月溺愛ライフ
  • 傷あとにくちづけ sweet time act.2
    「ゆっくり誠一(せいいち)さんと歩いていくって決めたので――」 2人で歩む同棲の日々は支え合いの連続。それでも大好きな人と抱きしめ合うだけで満たされる…優しくて愛しい毎日。 ――多忙な来栖(くるす)を支えるべく頑張る瀬戸(せと)。朝食作り、いってらっしゃいのキス、くっついて分け合う体温…甘え下手な来栖を、あの手この手で尽くして癒やそうとするけれど―― 甘さも癒やしもMAX! 幸せすぎる二人の蜜月溺愛ライフ

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

LiQulle の最新刊

無料で読める BLマンガ

BLマンガ ランキング