ロボ・サピエンス前史(上)
  • 完結

ロボ・サピエンス前史(上)

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,012円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ロボットの捜索を職とするサルベージ屋、誰の所有物でもない「自由ロボット」、半永久的な耐用年数を持つ「時間航行者」……。さまざまな視点で描かれるヒトとロボットの未来世界。時の流れの中で、いつしか彼らの運命は1つの大きな終着点に向かって動きだしていく……。世界の行く末を壮大に夢想した、ロマンティック・フューチャー。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

ロボ・サピエンス前史(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    シンプルな絵とシュールな背景、未来に迷い込んだようです。ロボットが主人公でとても静か。未来は本当にこんな感じかも。放射能処理施設を守るロボット、外の世界はどうなってるのか、人間はどうなってるのか考えると少しゾクリとします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    文字数が少なくそれは一見すると絵本のようで、絵の中に膨大な情報が隠されていて果てしない。
    未来では人間がロボットに変わってしまうのか。壮大でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    このマンガがすごい2020オトコ編第2位。ロボットとの結婚も可能になった未来。この手の世界観はおじさんなので星新一さんの方が好きかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月09日

    島田虎之介の「ラストワルツ」は、自分の中では、あらゆる漫画の中でもベストのうちの一つ。一見、バラバラの物語を収束させて、時間や、世界などの大きなものを感じさせる力量は秀逸と思っている。
    その島虎の新作。
    今回作も、時間が主役。
    しかし、ちょっと個々の話が(彼にしては)普通かなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

     未来SFになってもシマトラさんの作風はそのまま。ロボットが優秀なのはいいのだけど、人類として読んでいると、人類の立場がどんどん薄くなっていくのが寂しい。擬音がほぼないしセリフも少なくて、読んでいて静かな気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月18日

    超長期耐用型ロボット・タイムノート(時間航行士)のお話し。星間旅行、放射能汚染物質の管理など、人間のライフ・サイクルの中では納まらないミッションの合間に、孤独な金持ち老人の思い出の謎に迫る話、ラスコーの壁画から現代までを一気に時間旅行するエピソードや各地の様々なニーズにこたえるアンドロイドの話がアン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ロボ・サピエンス前史 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ロボ・サピエンス前史(上)
    完結
    ロボットの捜索を職とするサルベージ屋、誰の所有物でもない「自由ロボット」、半永久的な耐用年数を持つ「時間航行者」……。さまざまな視点で描かれるヒトとロボットの未来世界。時の流れの中で、いつしか彼らの運命は1つの大きな終着点に向かって動きだしていく……。世界の行く末を壮大に夢想した、ロマンティック・フューチャー。
  • ロボ・サピエンス前史(下)
    完結
    ヒトの依頼に応え続ける「自由ロボット」が抱える過去、半永久的に稼働し続ける超長期耐用ロボット「時間航行者」に与えられた秘密の任務、完遂に25万年かかるミッションを与えられた孤独なロボット……。ロボットたちがヒト以上の存在になったとき、彼らが目にするものとは?人類とロボットが迎える果てしなき未来の物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています