これからの都市ソフト戦略

これからの都市ソフト戦略

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「行政任せにしない、“民官連携”をめざせ」「商業スペースは街の3分の1に抑えよ」――。人口減・少子高齢社会に、街も変化を余儀なくされている。
本書は、アメリカとの関わりの中で発展してきたこれまでの街の歩みを振り返り、現在、街が直面している問題の根本原因とは何かを明快に提示。そのうえで、人口減・少子高齢のこれからの社会で、住民の誰もが快適に、幸せに暮らすことができ、人や仕事、観光客をも呼び込む街づくりを提言。
都市開発・地方都市の中心地再開発を成功に導いてきた著者が初めて明かす、民官一体の地方創生のステップを、日米の成功事例を引きながら、豊富な資料を用いて多角的に説く。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

    Posted by ブクログ 2019年08月03日

    これからの日本の街に必要なことは、みんなで便利に暮らすためのコンパクトシティの実現です。
    もともと城中心の街だったところに駅ができ、郊外に宅地造成されたことで人々は分散して住むようになり、街は中心地を失っていまいました。
    それをもう一度取り戻し「職・食・遊・学・住・医」のある、歩ける範囲のコンパクト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています