【SS付き】鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか
  • 完結

【SS付き】鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。それは、人や物のステータスのわかる『鑑定』と無生物が自由自在に収納できる『亜空間倉庫』である。残念ながらスキルは二つとも戦闘に使えそうなものではないため、ヨシトは魔物を狩る冒険者ではなく、その荷物持ちのポーターとして生きていくことにした。しかし、同じポーターである獣犬の少女メリッサと行動をともにするうちに、自分のスキルには、他の使い方があることに気づく。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。こうなれば話は変わる。荷物持ちに留まらないもっと攻めた生き方もできるわけで――。ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、待望の書籍化! 電子版には「温泉へレッツゴー!」のショートストーリー付き!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファポリス
ページ数
296ページ
電子版発売日
2019年08月09日
紙の本の発売
2019年07月
サイズ(目安)
5MB

【SS付き】鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 【SS付き】鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか
    完結
    ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。それは、人や物のステータスのわかる『鑑定』と無生物が自由自在に収納できる『亜空間倉庫』である。残念ながらスキルは二つとも戦闘に使えそうなものではないため、ヨシトは魔物を狩る冒険者ではなく、その荷物持ちのポーターとして生きていくことにした。しかし、同じポーターである獣犬の少女メリッサと行動をともにするうちに、自分のスキルには、他の使い方があることに気づく。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。こうなれば話は変わる。荷物持ちに留まらないもっと攻めた生き方もできるわけで――。ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、待望の書籍化! 電子版には「温泉へレッツゴー!」のショートストーリー付き!
  • 鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか2
    完結
    ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。『鑑定』と『亜空間倉庫』である。この二つ、一見すると単なるサポートスキルなのだが、実は別の使い方がある。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させられ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。それに気づいたヨシトは、異世界で攻めた生き方をしていくことにする――。金級冒険者パーティー『桜花乱舞』の三人、モーラ、メイ、アリサを新たに仲間に加え、メリッサも含めて、新パーティー『四姫桜』を結成したヨシト。彼らの当面の目的は、メリッサの借金返済だった。とはいえ、強力な竜種の討伐にも成功する彼らにとって、それは簡単なことに思われた。だがそこへ、ヨシトの能力に目をつけた街の領主が動き出し――。ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、待望の第2弾!
  • 鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3
    完結
    ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。『鑑定』と『亜空間倉庫』である。この二つ、一見すると単なるサポートスキルなのだが、実は別の使い方がある。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させられ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。それに気づいたヨシトは、異世界で攻めた生き方をしていくことにする――。ヨシトと四姫桜、それに新たに仲間に加わった(自称)ヴァンパイアのリモアは、迷宮に潜ることにした。目的は前人未到の最下層――地下100階に封印されているという女神ラステルに会うため。だがその道のりは、地上では敵なしの彼らであってさえ厳しいもので、ついには犠牲者まで――。ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

アルファポリス の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング