ひとり情シスに贈る Windows Server 2008/2008 R2からのサーバー移行ガイド

ひとり情シスに贈る Windows Server 2008/2008 R2からのサーバー移行ガイド

作者名 :
通常価格 3,190円 (2,900円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2020年1月14日のWindows Server 2008/2008 R2のサポート終了まで、あと半年あまりとなりました。本書は、専任のIT担当者がいない中小規模の現場で、ベンダーなど頼れる専門家が周囲にいない、“ひとり情シス”として頑張るサーバー管理者のみなさんに、今からでも間に合うWindows Server 2008/2008 R2からの移行方法を徹底解説します。移行先のOSにはWindows Server 2019を使用しますが、Windows Server 2016でも本書をご活用いただけます。

【本書の特徴】
・サポート終了まで残された時間が少ない状況に向けて、移行方法の選択肢をいくつか提示し、それぞれの選択肢のメリット/デメリットをわかりやすく解説します。

・不慣れな“ひとり情シス”の方向けに、「手軽で失敗しづらい方法」での解説を中心にしています。

・単純なOSのバージョンアップだけでなく、物理サーバーから仮想サーバーへの移行、クラウドへの移行、オンプレミスとクラウドとのハイブリッド化など、最近のトレンドに合わせた移行方法を解説します。

・Active Directory環境の移行についても扱います。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / ウィンドウズ
出版社
日経BP
ページ数
312ページ
電子版発売日
2019年07月08日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
114MB

ひとり情シスに贈る Windows Server 2008/2008 R2からのサーバー移行ガイド のユーザーレビュー

    購入済み

    一から参考になる

    apple2lemon 2019年11月20日

     全くWindowsServerを使用したことがない、もしくは経験が乏しい方には少しハードルが高いですが、
    ADサーバをいじっているレベルで有れば、有用になると思います。
    反対にWindowsServerを自力で設定出来る方には、参考となる情報は少ないと思います。(物足りない)

    ・いきなり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています