新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第2話
  • 完結

新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第2話

作者名 :
通常価格 198円 (180円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。
居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。
一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。
そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった所を父親に見られてしまう。
慌てて言いつくろう俺をからかう親父…しかし、その笑顔にはどこか含みがあった。
人気シリーズ第二弾、「学生編」…何も知らずに愛を育む二人の陰で、父親は一体何をしていたのか?
親父の毒牙が今、牙を剥く…!

ジャンル
出版社
あまからや
ページ数
30ページ
電子版発売日
2019年09月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第2話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第1話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第2話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第3話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第4話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 第5話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...
  • 新妻が親父に寝取られ孕むまで -学生編- 【単話】 最終話
    完結
    俺こと笹森幸助は、一学年上の先輩、伊藤香苗に一目惚れをした。 居てもたってもいられず、彼女の所属する弓道部へと入った俺…それだけでは止まらず、先輩に告白する事を決意する。 一発OKは貰えなかったものの、何度も告白を繰り返すうちに先輩は首を縦に振ってくれた…かくして、俺と先輩は恋人同士として交際を始めた。 そして初めて彼女がうちに遊びに来た際、アクシデントで彼女を押し倒してしまった...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています