旅がなければ死んでいた

旅がなければ死んでいた

作者名 :
通常価格 1,375円 (1,250円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

失恋と過労で、心身ともに瀕死……命からがら出発した、アラサー・独身・彼氏なしの世界

一周ひとり旅。行き詰まり・生きづらさを感じているすべての人を、打開と気づきの旅路へ

と連れていく奇跡の旅行記。
やりがいのある仕事、好きなものに囲まれた暮らし。不満はないのに不安になるのは、生き

にくさを感じるのはなぜなのか。過労で吐血し、心を病み、恋人にフラれる。
どんなに努力しても幸せになれないことに疑問をもち、逃げるように日本を飛び出した。
「自分と違う価値観で生きるひと」に出会う世界一周の旅で、彼女が見つけた幸せに生きる

ための「気づき」とは。
モンゴルでは乗馬を習い、トナカイ遊牧民を探しに山を越え、谷を越え、尻が割れ。
ギリシャのヌーディスト・アイランドで、全裸のテント暮らし。
禁断の王国と呼ばれるムスタン王国で、本物の王子さまに謁見。
チベットの聖地カイラス山で、天空の曼荼羅に出会う。
ケニアのスラム街で、地元アーティスト集団と密造酒を飲みまくる日々。
ナミビアの先住民と交流するために、半裸でコスプレした結果、ゴミ袋に入れられて。
ブラジルのUFOが飛来するスピリチュアルな街でもハプニングに巻き込まれる。
ペルーのアマゾンで、強力な幻覚剤を飲んでシャーマンの儀式に挑む。
アメリカではおっぱい丸出しで自転車に乗り、数千人の全裸集団と街中をパレード。
そして世界一周の最後の街・ロサンゼルス。誰もが予期しなかった旅の結末が訪れる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ワニの本
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年07月01日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

旅がなければ死んでいた のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月09日

    坂田ミギーさん。

    広大な大地の中で、全裸の後ろ姿がインパクト大!な旅本。

    私と同年代の女性が、失恋や仕事への行き詰まりから旅に出て、そこで見えた世界を伝えてくれている。

    旅先のチョイスが興味深く、オーカス島のパーマカルチャーやポートランドの「シティ・リベア・プロジェクト」など、面白い取り組みを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    旅に出たくなる最高の読書体験。コロナ禍で出国もままならないストレスを少し軽減させてくれる。そして、「私、やっぱり旅が好きだな」って思わせてくれる一冊。
    この本では、お手軽に作者の旅に同行できた気分になれる。もちろん、「やっぱり体験しなくちゃ分からないなー」ってところもあるんだけど、でも絶対自分じゃ行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日


     ミギーさんの圧倒的なまでの行動力。ミギーさんが旅によって人生を幸せな方向へ変えることができたのは
    きっと行動力が伴っていたから。同じ旅好きとしてミギーさんから学べたことがとても多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    現実から離れて世界一周の旅のお話
    しかも辺境の地へ
    なかなか勇気がいるなぁーと思い読んでいくと知らないことばかりで楽しかったです^_^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    私も旅が好き。だから、本書を手に取ったが、とにかく無事で幸せになって良かったなあ、という感想。全裸率高し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    彼女の行動力がすごい。世界の様々なイベントに自分も一緒に参加してる気分。奇祭「バーニングマン」は、いつか行ってみたい!子供が大好きなワード、恋のエッセンスも少々、軽い読み心地でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    ミギーさんの撮る写真にとても惹かれて、オンライントークイベントの後に購入。
    世界には、まだまだ意味のわからない場所がたくさんあるんだなあと思う。豊かな情景描写で、私も旅をしてる気分になった。
    この自粛期間、家にこもって仕事ばかりをしがち。どうしても視野が狭くなりがち。でも「当たり前」なんてない、そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    なんとなく、ほんとになんとなく生きづらい私の今の生活を抜け出すには旅は良いのかもしれない。本を読んでいるうちに彼女と一緒に世界を回ってる気分になった。自分がいかに狭くて型にはめられた考えしか持っていないかを思い知らされた感じ。世界は広いなぁ。大学生の時間がある今、海外に行きたいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    ミギーさんの行動力、チャレンジ精神に心打たれました。。
    世界は広いことをつくづく感じました。
    良本!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    仕事で体をこわした著者が、これではいかんと世界旅行に旅だっていろいろなところへ訪れるエッセイ。
    イタリヤとかフランスみたいなベタなところではなく、モンゴルとかペルーとか辺境の地への旅行が多いです。
    好奇心旺盛なのか、ペルーでは幻覚剤を使ったセレモニーへ参加したり、アフリカではバーニングマンというすご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています