NOKIA 復活の軌跡

NOKIA 復活の軌跡

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

携帯端末事業でAppleやGoogleに敗北し、一時は倒産を囁かれるも通信機器メーカーとして復活を遂げ、今や5G時代の覇者とも目される“北欧の巨人”、ノキア。不屈の起業家精神で老舗企業を改革した現会長が、その一部始終と経営手法をついに明かす!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
早川書房
ページ数
432ページ
電子版発売日
2019年07月04日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

NOKIA 復活の軌跡 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    イノベーションに破壊され立ち上がる、フィンランドの国民性もあるのか。ソ連に負けない強さ、歴史もあるんかな。
    現代経営の最適ケースワーク。
    起業家リーダーシップ あらゆることを学びに
    楽観的パラノイア あらゆるシナリオを考え大胆に
    whyにこだわる
    何を変えるべきか?どう変えるとあなたの仕事はうまくい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月08日

    誰もが認める携帯端末メーカーのトップの地位から、スマートホンの波に乗れずに転落。その後、マイクロソフトとの提携、携帯端末事業の売却、ノキアシーメンスを事業の中心としたネットワーク通信事業者としての会社の立て直し、そしてアルカテルルーセントの買収を通して、世界のトップ企業へ返り咲きます。こうしたノキア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    これも良い本だ。非常に著者の思いが詰まっている。
    企業の復活物語を追うだけではく、その当事者の著作だからこそ「あの時はこういう気持ちで臨んだ」的なエピソードがふんだんに入っている。
    物語前半、著者はフィンランドを代表する老舗企業ノキアの取締役に就任する。
    その時会社は絶好調。携帯電話市場を席巻してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月01日

    ノキアの復活劇。
    日本企業との共通点、多し。
    そこからの復活。
    身に染みる学びがある一冊だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    ノキアのトランスフォーメーション実現にあたって、 最も重要な役割を果たしたのは、
    「起業家的リーダーシップ」
    「パラノイア楽観主義」
    「シナリオプランニング」

    事例が具体的でわかりやすく、臨場感をもって上記の重要性を理解する事が出来た。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月04日

    ほぼ星4つです。基本的には面白いと思います。ノキアそのもののビジネスにそれほど愛着がない人にとってはちゃっと細かいネタが辛いかもしれません。

    前半は(少し前の日本企業にもありそうな)いかにも官僚的な雰囲気とどう対峙したかが語られている(この時点ではあまり多くのことはできていない)。

    後半はノキア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    【瀕死のNOKIAを救ったのは「パラノイア楽観主義」と「シナリオベース思考」】
     今から10年ほど前、NOKIAは数兆円の売り上げを誇る世界一の携帯電話メーカーだった。しかし、そのころ内外に渦巻く危機は「正常性バイアス」によりすべて見逃されていた。
     スマートフォン化の流れに乗り遅れ、起死回生を狙っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています