静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 2
  • 完結
  • 最新刊

静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 2

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

明治時代、武家出身の静(しず)と凪は互いに惹かれあうものの、旧時代の価値観に凝り固まり、自身の“好き”という“恋心”すら分からずにいた。それでも、“デート”を積み重ね、確かに距離は縮まってきた。しかし、薩摩出身の凪は西南戦争に巻き込まれ、静とは離れ離れになることに…。“日本の初恋”…義務と権利に揺れる武家の姫・静が選んだ決断は――。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
となりのヤングジャンプ
ページ数
235ページ
電子版発売日
2019年12月19日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

関連タグ:

静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 2 のユーザーレビュー

レビューがありません。

静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 1
    完結
    明治時代、“Love”という外国語を翻訳する際に、“恋愛”という言葉が日本に初めて生み出された。旧時代の価値観が根強い者には理解し難い概念であった。武家出身の静(しず)と凪は互いに惹かれているはずなのだが、“好き”という自身の“恋心”すらも分からない。新時代を生き抜くために、医者を目指す二人だが、全てがいじらしい日常を過ごすことに。 究極に初心な男女が紡ぐ、日本で最初の“恋愛物語”開幕――。
  • 静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 2
    完結
    明治時代、武家出身の静(しず)と凪は互いに惹かれあうものの、旧時代の価値観に凝り固まり、自身の“好き”という“恋心”すら分からずにいた。それでも、“デート”を積み重ね、確かに距離は縮まってきた。しかし、薩摩出身の凪は西南戦争に巻き込まれ、静とは離れ離れになることに…。“日本の初恋”…義務と権利に揺れる武家の姫・静が選んだ決断は――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています