おまわりさん、ホストを溺愛する。4
  • 完結

おまわりさん、ホストを溺愛する。4

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」
警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明るい綾斗はまるで正反対。太陽みたいにキラキラしていて、そしてうるさいくらい賑やかな奴。だけど――、いつの間にか、綾斗のことばかり考えてしまう自分がいた。こんな気持ちは、初めてかもしれなかった――。
もしも警察官とホストが一緒に暮らしたら? 穏やかに優しく紡がれる、大人の恋愛物語。

ジャンル
出版社
69ロッキュー
掲載誌・レーベル
69
電子版発売日
2019年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

おまわりさん、ホストを溺愛する。4 のユーザーレビュー

レビューがありません。

おまわりさん、ホストを溺愛する。 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。1
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。2
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。3
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。4
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。5
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...
  • おまわりさん、ホストを溺愛する。6
    完結
    「奏ちゃん…好きだよ。おねがい、もう…イキたい…!」 警察官の俺・廣瀬奏太郎と、No.1ホストの佐久間綾斗は同棲している。出会いは夜の繁華街の裏通り。酔いつぶれていた綾斗を、非番だった俺が介抱したのがきっかけだった。だが後日、「職場の店に近いから」というそれだけの理由で、なんと綾斗は俺の部屋に転がり込んできた。静かで単調だった俺の日常が180度変わる。真面目が取り柄の自分と、朗らかで明...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています