ともに悲嘆を生きる グリーフケアの歴史と文化

ともに悲嘆を生きる グリーフケアの歴史と文化

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

超高齢社会をむかえて、喪失体験と悲嘆は身近だ。宗教学の泰斗がフロイトやエリクソンなどの理論から物語、詩歌、映画を題材に、自助グループなど現場との密接な対話を重ねて、グリーフケアの歴史と文化をたどった、待望の初の基本書籍。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日選書
ページ数
264ページ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ともに悲嘆を生きる グリーフケアの歴史と文化 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    面白かった。
    沢山の文学や歌を引用して悲嘆を解釈、解説してくれて、読みやすく、感じやすかった。
    私の好きなあのお話やあの曲を、悲嘆という側面で改めて嗜みたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    「この世界の片隅に」や唱歌「故郷」など身近な題材もあり読みやすかった
    「故郷」は介護施設などでも定番曲のイメージがあるが社会の変化により受け止められる歌詞の意味が再解釈されたとの部分はおもしろいと思った

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています