そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 3

そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 3

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

久我(くが)の甘い指先で触られ、どこもかしこも気持ちよくておかしくなりそうなすず。
初めて与えられる快感に戸惑いすすり泣いていると、優しい久我はその手を止めてくれて…。
触れられていやじゃない、むしろ憧れていた久我の気持ちを知って嬉しく思ったすずは、後日勇気を出して久我に「あの日の続きをしてほしい」と告白する!
一生懸命で可愛いすずにこれでもかと欲情した久我は、近場のホテルに着くなり強引にキスをしてきて…「わるい、待てない」
性急に胸を弄られ、たっぷり敏感なところを刺激されただけで何度も絶頂してしまったすず。
そして体格差のある久我の大きなものがゆっくりとナカに入ってきて――…
初々しく甘酸っぱい二人が迎える初めての夜は…!

※本書は「ラブパルフェVOL.18」に収録されています。重複購入にご注意ください。

ジャンル
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
ラブパルフェ(LoveParfait)
ページ数
32ページ
電子版発売日
2019年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

新刊オート購入

そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 3 のユーザーレビュー

    購入済み

    絵がきれい

    なお 2019年12月12日

    絵が気に入り読んで見たくなりました。女の子は純粋で可愛くて、上司はハンサムだし、優しい。女の子はあることを抱えていて、それをどう克服して恋を育んでいくのか、純な彼女をどう上司が攻めていくのかが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 1
    暗闇の中、専務の大きな体にすっぽり包まれて…そんな熱っぽい目で見つめられスカートに手を入れられたら…我慢、できません…っ どこを触られても感じすぎちゃう! 幼い頃から極度の敏感体質で、少しカラダに触れられるだけでビクビク感じてしまうコンプレックス持ちのすずは、異動で秘書課勤務に。 しかもイケメンで有名な、御曹司でもある久我(くが)専務の秘書だなんて! 噂通りの久我は優しく声をかけ、...
  • そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 2
    「だめか? ここはそうでもないようだが」 高級料亭で専務に押し倒されて…胸にかかる吐息で火照るカラダ。 胸の先をクリクリされて、初めて愛撫される刺激に、また感じてイッちゃう…! 敏感体質OL・すずは憧れの上司である専務の久我(くが)にひょんなことからその体質がバレてしまう。 優しい久我は体質を治すために抱き合って耐性をつけようと提案してくれて!? すっぽりと体格差のある体と久我の香りに...
  • そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 3
    久我(くが)の甘い指先で触られ、どこもかしこも気持ちよくておかしくなりそうなすず。 初めて与えられる快感に戸惑いすすり泣いていると、優しい久我はその手を止めてくれて…。 触れられていやじゃない、むしろ憧れていた久我の気持ちを知って嬉しく思ったすずは、後日勇気を出して久我に「あの日の続きをしてほしい」と告白する! 一生懸命で可愛いすずにこれでもかと欲情した久我は、近場のホテルに着...
  • そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 4
    憧れの上司である久我(くが)と恋人同士になり、すずは溺愛されて幸せいっぱい。 お付き合いを始めたものの、敏感体質は相変わらずで二人きりのふれあい特訓は続いていた。 そんな順風満帆な関係の最中、すずを訪ねて地方から幼なじみが遊びに来ることに。 が、その幼なじみはチャラそうな男! すずの家に強引に泊まろうとする幼なじみに大激怒した久我は… 「すずから誘ってほしい」必死で誘う姿に欲情し...
  • そんなナカまで触れないで~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~ 5
    久我(くが)と順調にお付き合いをしているすずのもとに、ある日アパート建て替えの知らせが届く。 それを相談すると久我から「俺の部屋に住んだらどうだ」と提案されて!? 勢いではじまった同棲だったが、「おかえり」「ただいま」を言い合う新婚のような関係にくすぐったく甘い気持ちになる二人。 料理をするすずの後ろ姿にたまらず欲情した久我はそのままキッチンで襲ってきて… その上引っ越し祝いに親友...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています