【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #3

【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #3

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」
アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに“言えない場所”を舐められてます…!
休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。
「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」
迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。
ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安を煽られ仕方なく
“何もしない”という約束を信じラブホへ「えええっ…!?約束したはずなのに!!」
喪女のドジっ子すぎるアクシデントに煽られイケメンが初めてをことごとく奪う!?

イケメンパリピ裏アカ男子×芋っ子アラサー喪女のむずむずふぁーすとらぶ

ジャンル
出版社
ブライト出版
掲載誌・レーベル
ラブチーク
ページ数
19ページ
電子版発売日
2019年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

新刊オート購入

【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #3 のユーザーレビュー

レビューがありません。

【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #1
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに“言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #2
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに“言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #3
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに“言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #4
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに”言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #5
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに”言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...
  • 【ラブチーク】#ウラオモテ男子と初恋のはじめ方 #6
    4/1入荷
    「おねーさん 感度めっちゃいいじゃん」 アラサー喪女の私は今…パリピのイケメンに“言えない場所”を舐められてます…! 休日出勤に加え終電を逃した私はフラフラとビジネスホテルを探していた。 「こんなトコひとりで歩いてたら危ないっすよー?」 迷い込んだラブホ街で声をかけてきたチャラいイケメンはなんと…!!SNSを使った出会い系?をしている人だった。 ビビりながら丁重にお断りするが…野宿の不安...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています